公開日:2016/07/20
更新日:2023/12/14
プロフィール

HRD統括部
トレーニングマネジメント部
主任研究員
ATD International Member Network Japan理事

嶋村 伸明(しまむら のぶあき)

経歴

1987年、(株)リクルート入社。組織活性化事業部、HRD研究所、(株)リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所主任研究員を経て2023年より現職。
リーダーシップ/マネジメント開発、チーム学習、組織変革などをテーマとしたトレーニングプログラム、組織診断や360°アセスメントの開発、「学習する組織」、「経験学習」、日本版「リーダーシップパイプライン」などに関するリサーチに携わる。

著書・訳書

『リーダーシップ開発ハンドブック』(翻訳:白桃書房、2011)
『組織における成人学習の基本』(翻訳:ヒューマンバリュー、2017)
『いまさら聞けない 人事マネジメントの最新常識 』(共同執筆 日経文庫、2020)

論文

「現代日本の管理者に求められるリーダーシップ行動に関する研究」(産業組織心理学会第7回大会、1991)
「リーダーシップ開発論 日本への移植の試み(共著)」(Works47号、リクルートワークス研究所、2001)
「企業内教育に求められる視点と再構築の方向性」(労政時報別冊、労務行政研究所、2005)
「経営人材の早期の育成と確保のために」(Message Vol.3、リクルートマネジメントソリューションズ、2005)
「日本企業におけるトランジション(職位の移行)に関する研究〜課長・部長・事業部長を中心に〜(共同執筆)」(経営行動科学学会 第13回大会発表資料、2010)

過去の関連記事

特集 DP研修の基本構造と今後の展開 何が個々の行動変容をもたらし組織開発を促進するのか(Message Vol.10 2007)
効果的な次世代リーダーの育成法〜国際的リーダー育成機関の研究から〜
部長に求められる役割を考える〜経営人材として活躍できるために部長職で求められるチャレンジ〜
方針・戦略の推進を支えるリーダーシップ 組織の方針・戦略の推進の障害となる組織行動について考察