リクルートマネジメントソリューションズの
360度評価システム MOA (Multi-Observer-Assessment)

日常の職務行動を、上司だけでなく同僚や部下含めた
複数名の観察者が多面的に(360度)評価することで、
人材を客観的に把握する評価システムです。

IMAGE

「360度評価システム」
MOAの特長

  • 2022年度導入実績320社
  • 被観察者71,000名

1993年よりサービスを開始、多くの企業・被観察者にご利用いただいています。
豊富な実績に基づいたノウハウで、大量実施でも機密性が高く安定的に運用可能です。

※MOAオリジナル版実施を含む

特長 01
客観性・納得性・
科学性の高い
評価

高い評価

拡大して見る

観察者個人のパーソナリティや価値観による評価のばらつきや、価値判断が評価に含まれてしまうのを最小限にとどめています。

特長 02
各階層に
期待される
能力を網羅

能力を網羅

階層によって求められる能力は異なるため、中堅社員層・管理職層・経営職層の3種類をご用意しています。

特長 03
世間一般の
同階層と
レベル比較が可能

比較が可能

各階層に対し結果を「標準得点」で表示しているため、世間一般の同階層とのレベル比較が可能です。

特長 04
人材開発トレーナー
が実施するフィード
バックセッション

フィードバック

結果をもとにしたフィードバックセッションもご用意しています。
評価結果を詳細に分析した上で解説やワークを組み立てているため、被観察者が評価結果をよりしっかりと受け止め、今後のスキルアップに向けて前向きに取り組むことに役立ちます。オンラインでのご提供も可能です。

※フィードバックセッションの実施はオプションです

360度評価システム【MOA】

実施対象
経営職層(E型)/管理職層(M型)/中堅社員層(S型)
実施時間
12〜15分程度
実施料金
被観察者1名につき 10,000円(税抜)
  • ※2024年4月1日以降の納品分より被観察者10名まで一律100,000円(税抜)となります
  • ※WEB方式の場合、別途ヘルプデスク料金がかかります
  • ※各種オプション料金は別途お問い合わせください

詳しい資料・ご相談はこちら

「360度評価システム」MOAはこのようなお悩み
お応えします

  • 管理職のパワハラなどのリスクに備えたい
  • 自社の管理職の世の中水準と比較したレベル感を知りたい
  • 自社の課題を明らかにした後人材育成についても相談したい
  • 管理職の育成に360度評価を活用したい
  • 360度評価の導入は初めてなので色々相談しながら進めたい

私たちはお客様の事業成長、
社員の自律的な成長に寄り添う
「人・組織の変革」の
プロフェッショナル
集団
です。

まずはご相談ください。

経験豊富なプランナーがサポート
今すぐ相談してみる

「360度評価システム」MOA
活用事例

事例1
管理職の能力開発に360度サーベイMOAを活用 電力関連会社 A社

実施の背景

実施の背景

  • 法規制の影響などから既存事業を従前通り継続していくことが厳しくなり、新規事業を模索
  • 企業変革に伴い管理職にも他部署や他社へ目を配りながら、自部署の役割を考えることが求められるように
  • 管理職の意識改革のためにMOA-Mを実施
内容

実施内容

  • MOA-Mを実施後、弊社のフィードバックセッションを実施
  • その後上司との面談を実施
効果

実感いただいた効果

  • 管理職の方から「自分の課題を明らかにすることができた」と多くの声
  • フィードバックセッション後自分の課題へのアプローチをトレーナーに相談するなど、前向きに取り組む姿勢が見られました

事例2
組織の風土改革に360度サーベイMOAを活用 食品メーカー B社

実施の背景

実施の背景

  • 市場が飽和し新商品開発や新しい売り方の模索が求めれるように
  • 上意下達の風土から、若手に裁量を与えたり意見を述べる機会が与えられずにいた
  • 部下とのコミュニケーションを見直し改良に繋げるためMOA-Mを実施
内容

実施内容

  • B社様独自の人事評価シートにMOAの要素を盛り込んでいただく
  • MOA-Mを実施後、上司との面談で結果をフィードバック
効果

実感いただいた効果

  • 実施後の上司との面談において、効果を実感されたとの声も
  • マネジャーが自分の課題を認識し、改善を図っていった結果として、部下から率直な意見が出るようにもなってきた
  • MOAの実施によって風土改革が起こりつつあると、お喜びの声をいただきました

360度評価
MOAの詳細

各階層の期待を押さえた調査項目

被観察者の階層によって求められる能力は異なるため、MOAは中堅社員層(S)・管理職層(M)・経営職層(E)の3種類をご用意しています。各階層に期待される能力を押さえた内容であることから、オリジナル項目を設けるなどのカスタマイズをせずとも十分にご活用いただけることがMOAの大きな特長です。

360度評価システムMOA

4つの尺度において、階層ごとに期待される能力発揮を16要素・48項目で測定。

側面 尺度 S型
(中堅社員層版)
M型
(管理職層版)
E型
(経営職層版)
仕事の能力 課題形成力 現状認識力
問題発見力
企画応用力
自主性
状況把握力
分析力
企画開発力
挑戦心
将来予測力
洞察力
戦略形成力
革新性
課題遂行力 判断力
手順化力
行動力
責任性
意思決定力
計画力
実行力
使命感
決断力
具体化力
推進力
経営意識
協働の能力 人材活用力 他者理解力
指導力
動機づけ力
包容性
評価力
育成力
組織形成力
公平性
掌握力
統率力
方針指示力
度量
対人対応力 聴取力
表現力
折衝力
協調性
傾聴力
意思疎通力
折衝調整力
社会性
積極傾聴力
説得力
渉外力
倫理性
  • S型
    係長、主任、
    チームリーダー 等
  • M型
    管理職、専門職、
    専任職 等
  • E型
    経営幹部、
    事業部長、部次長 等

実施の流れ

まず実施企業様と弊社担当者とで360度評価実施に向けての準備を行うことからスタートします。 360度評価を実施する目的を明確化するほか、被観察者・観察者の決定、WEBページと紙のマークシートどちらで実施するのかなどの実施概要を決定いたします。 なお、実施準備の面談の場を設けずにサービスセンターとのやり取りのみで実施することも可能です。

実施の流れ

詳しい資料・ご相談はこちら