アセスメント・サーベイASSESSMENT・SURVEY

人と組織を多面的に測り、
マネジメントに有効な指針を提供

私たちは、国内における人事測定のパイオニアとして、さまざまなツールを提供しています。現在その活用領域は、人材の昇進・昇格、育成、組織変革など、組織・人材マネジメントのさまざまな場面に及んでおり、測定対象もまた、人材の能力・特性から組織の状況まで、多岐にわたります。私たちのアセスメントやサーベイは業界を問わず年間30万人以上の方々に回答いただいており、企業が人・組織のマネジメントにおいて意思決定を行う際の、有効な指針として活用されています。

アセスメント・サーベイの主な活用場面

アセスメント・サーベイの
主な活用場面

  • 昇進昇格における人材の見極めを行う
  • 次世代リーダー候補者の発掘・動機づけを行う
  • 自律的成長に向けた自己の強み・弱みを把握する
アセスメント・サーベイのサービス内容

目的を明らかにした上で、適切な測定手法を選択することが重要

一口に「人材をアセスメントする」といっても、人の能力や特性にはさまざまな階層があります(図表参照)。どのような能力や特性を測定するのかを決めなければアセスメント手法も決められません。また、自社の置かれている環境や現在の経営戦略によって、活躍する人材や求められる要件は異なるはずです。求める人材像を明らかにし、それに照らして必要な能力を測定することが肝要です。

−<図表>企業人の成果創出モデルにおける測定対象と測定手法−

企業人の能力構造モデル
企業人の能力構造モデル
測定方法
  • 業績評価

適性検査

能力・性格・指向を測定し、対象層に求められる複数の職務タイプへの適性を把握することで、成功度の予測や自己理解の促進が実現できます。

アセスメント研修

変化の激しい時代に求められるリーダー像に基づいて、アセッサーが評価を行うことで、能力特徴の客観的な把握・能力開発の促進を実現します。

360°評価システム

日常の職務行動を、上司だけでなく同僚や部下含めた複数名の観察者が多面的に(360度)評価することで、人材を客観的に把握します。

組織診断サーベイ

組織の状態についてサーベイを行い現状と課題について評価します。サーベイ結果を踏まえたコンサルティングもご提供しています。

貴社の課題をお伺いし、
最適なソリューションをご提案します

実績・お客様の声

管理職適正テスト・アセスメント研修受検者数
管理職向け多面評価利用者数
従業員満足度調査リファレンスデータ
お客様の声−弊社アセスメント・サーベイの強み−
  • 群を抜く多くの実績に基づいた、適切な分析結果を得ることができる。弊社がどの程度の実力があるのか、業界、年次、ポジション別平均値との比較からのフィードバックが期待できる。
  • 導入企業数が多い。確率論的に信頼性のある数値データである。
  • 数多くの取引先に納入され、その実績の確からしさについて信頼感があります。
  • 莫大なデータを確保し、それに基づく、統計的な傾向値をもってプログラムが作成されている。
  • 調査対象複数社を基準とした比較を提示できる。

※2016年度CS調査より