職場行動の原理原則を学ぶ中堅社員基礎研修 | SBC

中堅社員として求められる役割・行動と、それを果たすための原理原則を学ぶ研修です。

サービス名

SBC

対 象

中堅社員〜リーダー(入社3年目〜)

対応テーマ

中堅・リーダー層の能力開発

日 程

3日(宿泊)

推奨受講人数

15名

実施形態

・講師派遣
・リクルートマネジメントスクール研修公開コース

外国語対応

なし

実施料金

別途お見積もり。営業担当またはサービスセンターへお問い合わせください。

課題

●中堅社員として期待される役割を認識し、職場をリードしてほしい
●中堅社員にもう少し計画的に、一人前の仕事をしてほしい
●中堅社員として仕事や業績については役割を果たしてくれているが、チームワークやコミュニケーションにも気を配ってほしい

概要・特長

中堅社員に求められる役割と仕事の進め方、周囲とのコミュニケーションのあり方など、「中堅社員の基本的な心構え」を学び、職場での実践につなげます。

1.中堅社員に期待される役割・立場を理解する
理解促進演習(CCT:Concept Clarification Test)を通して、
中堅社員の立場・役割・責任を理解し、職務の効率的な遂行に必要な知識や諸要素を体系的に整理します。

2.現場の中核として求められる周囲への働きかけの原則とスキルを理解する
上司補佐(状況提供・意見具申)、後輩指導(OJT・仕事の教え方)、コミュニケーションや協力についてなど、求められる周囲への働きかけの原則とスキルを理解し、自分の特徴をふりかえります。

3.職場での行動と、原理原則を対比させるプロセスで、行動変容につながる気づきを促進する
体験実習やケース研究などを通じて、日常の自身の仕事の進め方や職場行動を見直し、行動変容を促進します。

受講者の声

  • ●「待っているのではなく、自分から積極的に問いかけをしていくことが大切だと思った。問題点・疑問点が出たときは、速やかに上司に相談し、途中経過の報告も忘れないように心がけていきたい」
    ●「個人プレイに走るのではなく、周囲とのチームプレイを心がけ、今後は上司と後輩のパイプ役となりたい」
    ●「研修を通じて話し合いの場が多く設定されていたので、いろいろな意見を吸収することができたと思う」
    ●「研修を通して学んだことを活かし、変わった自分を見てもらい、後輩の見本となるように頑張りたい」

研修プログラム

・以下は、本研修の標準的なプログラムとなります。
・公開コースでのプログラム時間が異なることがあります。

WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

関連する記事

お役立ち情報

Page Top