競争優位につながるこれからの学びのあり方

これからの時代の研修・学習デザイン

学びが個人のニーズによって個別化する一方、協働や対話による共創的な学びの重要性が高まっています。階層別研修やOJTのあり方も大きく変化してきています。学びの変化の実態と今後について、トレンドを調査・分析します。

その他研究テーマ

機関誌

vol.70

RMS Message vol.70 (2023年5月)

【特集2】「変化の時代に求められるリスキリング」

特集

大人の学びを促進する3つのステップ
変化の時代に求められるリスキリング

インタビュー

経済産業省 経済産業政策局 能村 幸輝氏
学びの場は社外にあり 鍵を握るのはリフレクション

インタビュー

リクルートワークス研究所 辰巳 哲子氏
アウトプットありき学びのサイクルがそこから動き出す

企業事例

学びと実践の好循環を生み出す「INPUT ! 365」 電通
多様な仕掛けで全社員の「学び」を誘発

企業事例

働き方改革と職場の学び リクルートライフスタイル
社員の「学び」を促し生産性を向上させる

調査レポート

職場での個人の学びに関する実態調査
20代〜50代の会社員457名に聞く、仕事に関する学びの実態
vol.55

RMS Message vol.55 (2019年8月)

【特集1】「職場の学びはどう変わるか」

特集

知っておきたい3つの視点
変化の時代における「学び」の理論

論文

もっと見る

調査

もっと見る

レポート

もっと見る

これからの時代の研修・学習デザインのその他テーマ

研究テーマ

リクルートマネジメントソリューションズが主に取り組んでいる研究テーマをご紹介します。