実践につながる研修設計

これからの時代の研修・学習デザイン

研修時の学びを職場でいかに実践し、実践を継続していくか(transfer)は、研修効果を論じる際の重要な課題です。しかし、その測定や促進は難しく、常に研修設計者を悩ませています。研修のプレ・オン・ポストを通して、どのような促進・阻害要因があるか、促進のためにどのような施策が効果的か、本質的な研修効果検証のあり方はどのようなものかを、研究的なアプローチから検討します。

機関誌

vol.64

RMS Message vol.64 (2021年11月)

【特集2】「変わる企業研修 ―オンラインがもたらした新しい学びのあり方―」

特集

多様化する学習手法と受講者のニーズとは
変わる企業研修 —オンラインがもたらした新しい学びのあり方—

企業事例

実践と受講者同志の交流に重点を置く管理職研修 オカムラ
学びの日常化と最大化を目指す分散型研修の実際
vol.59

RMS Message vol.59 (2020年8月)

【特集2】「学びのオンライン化の未来」

特集

自らの成長に向けた主体的な学びへ
学びのオンライン化の未来
vol.43

RMS Message vol.43 (2016年8月)

【特集1】「研修効果を高める 実践につながる研修デザイン」

インタビュー

熊本大学 鈴木 克明氏
研修は最終手段 どうしても行うなら「教えない研修」を

インタビュー

東京工業大学 吉川 厚氏
経験と勘を言語化することが実践につながる

企業事例

事業部主導の研修で組織変革を達成 クレハ
結果主義からプロセス重視へ組織は研修でよみがえった

企業事例

店舗運営改革に向けた店長のマネジメント力強化 オートバックスセブン
店長研修の前後で行動変化を測定し結果をフィードバック

調査レポート

研修効果検証に関する実態調査
人材開発担当の声から知る研修効果検証の実態
もっと見る

論文

もっと見る

調査

これからの時代の研修・学習デザインのその他テーマ

研究テーマ

リクルートマネジメントソリューションズが主に取り組んでいる研究テーマをご紹介します。