「リーダーを育成したい!」まず考えるべきこととは。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

「リーダーを育成したい!」まず考えるべきこととは

リーダー育成についてご相談いただくケースが増えています。
ただ、リーダーと一口に言っても所属する部署や体制、その機能によって役割は様々です。

よく「どのようなリーダーに育てば活躍できるのか、そのためにはどんなリーダーに育ってほしいか」など『How』から考えがちですが、リーダーの種類によって育成のアプローチが異なりますので、まず「何のリーダー」なのかを明確にすることが大切です。

対象を絞れたら、次に「対象者のどんな側面を育成したい」かを明確にしていきます。
例えばチームリーダーを2名育成するにしても、AさんとBさんでは持ち合わせているパーソナリティも、これまでのキャリアで積み重ねた能力も異なることが多いはずです。
Aさんのウィークポイントを特定し、1から育成していくことも重要ですし、Bさんのストロングポイントを更に強化することも重要な育成プロセスの一つかと思います。

今回はよく育成のご相談をいただく以下のリーダーの種類別におすすめの講座をご紹介します。

- チームリーダー
- プロジェクトリーダー
- 次期管理職候補
- 次世代リーダー(次世代の部長クラス、経営層候補の早期育成)
チームリーダーが対象の場合、チームが良い状態になって「相乗効果」を発揮するために働きかける力を身につけることが重要です。
以下の講座では、目標と方向性を示し、チームを活性化する考え方とスキルの身につけ方を学びます。

◆新任リーダーのためのチームワーク(再)入門 〜リーダーシップを発揮するために〜【3時間】

◆チーム力を向上させるリーダー育成研修(TCMP)【2日】
次世代リーダー育成においては多岐のテーマでスタンスやスキルの強化を狙うことが多いですが、
ここでは、課題解決やリーダーシップ、マーケティングスキルの強化のコースをご紹介します。

◆次代を担う中堅リーダーに求められる課題解決能力のアセスメント(評価)・育成研修(R&C−Z)【2日】

◆変革推進・実現の原則を学び実践につなげるチェンジリーダーシップ研修(CL)【2日】