課題解決力orマネジメント力?リーダーに必要な資質とは。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

課題解決力orマネジメント力?リーダーに必要な資質とは

ビジネスを取り巻く環境は常に変化しています。リーダーは新しい環境に対応しながら未知の課題を解決したり、人材をマネジメントしたりする必要があります。ビジネスにおける不確実性が高まる中、リーダーにはどのような資質が求められるのでしょうか。
今回は、リーダーに必要な資質についてご紹介します。

中堅リーダーおよび管理職に求められる、課題解決能力の評価および育成研修については、以下の講座で詳しくご紹介しています。

◆次代を担う中堅リーダーに求められる課題解決能力のアセスメント(評価)・育成研修(R&C-Z)【通い2日】

◆管理職に求められる課題解決能力のアセスメント(評価)・育成研修(R&C I)【2泊3日】
リーダーに求められる主な資質として、以下の3つが挙げられます。

【1】課題解決力
近年は業務が複雑化し、課題解決が困難なケースも増えています。今までのセオリーが全く通用しないこともあるでしょう。リーダーは定型的な課題を効率良く解決するだけでなく、非定型的な課題を見つけて原因を突き止め、創造的な解決を目指すことが求められます。幅広い視野を持ち、さまざまな意見に耳を傾けた上で、課題の解決を図ることが重要です。

【2】マネジメント力
個人の能力が高くても、リーダーにマネジメント力がなければ個々の能力を生かせません。組織の目標達成のためには、個と組織の力を引き出すマネジメント力が不可欠です。

単に組織としての目標をメンバーに提示するだけではなく、各メンバーにそれぞれの目標を与える必要があります。また、リーダーはメンバーの自発性を促し、リーダーの指示がなくても動ける組織づくりができることが求められます。その他、各メンバーには得意・不得意があるため、適材適所を実現できるどうかも大きなポイントとなるでしょう。

【3】部下育成力
担当業務に関する高い専門能力を持っている場合でも、一人で対応できる業務量は限られています。したがって、リーダーは部下の計画的な育成を実施し、組織のレベル底上げを図る必要があります。リーダー自身が受けてきた指導をそのまま部下に行うのではなく、部下によって指導方法を変えたり、必要に応じて権限委譲を進めたりすることが大切です。
リーダー育成の必要性を認識しているものの、社内の年齢構成が偏っており、社員がマネジメント経験を積んでいない という企業もあります。以下のポイントを押さえ、リーダー候補や既存リーダーの能力開発に取り組むと良いでしょう。

【1】マネジメントの基礎の理解と課題設定
最近では新入社員が職場に入ってこない状況も増えています。そのため、若手社員時代と担当業務が変わらず、いざリーダーやマネージャーになったときに、後輩指導などのプレマネジメント経験がないという中堅社員もいます。

リーダーやマネージャー候補の社員がマネジメントの基礎を理解していない場合は、マネジメントのフレームワークを活用した、行動の振り返りや適切な課題の設定が有効です。

【2】マネジメントの現状把握
リーダーがマネジメントの課題を設定するためには、自らのマネジメントが周囲に与える影響を客観的に把握することが重要です。部下のために良いと思って行ったことが、その逆の結果をもたらしてしまった経験はないでしょうか。
普段の何気ない接し方が部下に威圧感を与えてしまったり、部下のモチベーションを下げたりすることがあります。部下を意識ながらロールプレイを行い、他者からフィードバックをもらう方法が効果的です。
今回はリーダーに必要な資質についてご紹介しました。部下の話をよく聞かずに一方的に指示を与えてしまう、部下との意思疎通がうまくいかない など、リーダーという立場に難しさを感じている方も少なくありません。能力開発に取り組み、リーダーとしてのパフォーマンスを高めましょう。

中堅リーダーおよび管理職に求められる、課題解決能力の評価および育成研修については、以下の講座で詳しくご紹介しています。

◆次代を担う中堅リーダーに求められる課題解決能力のアセスメント(評価)・育成研修(R&C-Z)【通い2日】

◆管理職に求められる課題解決能力のアセスメント(評価)・育成研修(R&C I)【2泊3日】