選択型研修 | 社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

選択型研修

リクルートマネジメントスクールの
自律的な学びを支援する
選択型研修

「選択型研修」は、不確実で複雑性が増す昨今、自律的な社員を育成する施策として注目されています。

リクルートマネジメントスクールでは、自律的な学びを支援するコースラインアップや選択型研修で活用できるチケット制サービスをご用意しています。

選択型研修
このようなはありませんか
積極的に学び、業務へも
生かしてほしい…
社員一人ひとりが
今後のキャリアを自律的に考え、
仕事を通して成長してほしい…
役割や職種によって育成課題が
異なり、人事で一人ひとり
サポートしきれない…
互いに学び合う
組織づくりを目指したい…
選択型研修導入のポイントについて
無料セミナーを開催しています。
ぜひご参加ください。

Why

なぜ今、選択型研修なのか?

なぜ今、選択型研修なのか?

デジタルトランスフォーメーション(DX)の活況や人生100年時代など、私たちの働く環境は大きく変わりつつあります。これまでなじみのあった年功序列や終身雇用といった旧来のHRM・人事制度 の在り方では、ビジネス環境の変化に対応できなくなっているともいえるでしょう。

昨今、企業研修でも「自律」や「選択」を重視するようになっています。階層ごとの役割への認識を強化する階層別研修に加え、一人ひとりが学ぶテーマを自分で選択する「選択型研修」が注目されています。

一人ひとりの強みや能力がより組織で生きてくる時代になりました。必要なタイミングで、必要なテーマについてスキルや知識を獲得していくために、「選択型研修」のポイントをご紹介します。

企業をとりまく環境変化
  • 人生100年時代
  • AI・DX時代の到来
  • With/Afterコロナ時代
HRM・人事制度の変化
  • 日本型人事制度の限界
  • …年功序列、終身雇用…
企業研修で
「自律・選択」を重視するように
階層別研修
階層別研修
  • 階層・役割ごとに、一律に研修実施する
  • 主には役割転換に必要なスタンスや基礎スキルをテーマに実施
選択型研修
選択型研修
  • 個々人が自律的に、能力開発テーマを選択する
  • 現在の役割に必要なスキルアップや、将来に向けた能力開発を自律的に行う
自律的に学び、
成長する風土を作る
学び合う組織へ

About

選択型研修とは

選択型研修とは?

選択型研修とは、一人ひとりが自律的な能力開発をするため、学習テーマを自分で選択する研修制度です。
自己啓発や福利厚生の一環として位置づけることもありますが、主には人材要件と連動を図 り、一人ひとりの能力開発に役立てるための育成手法と位置づけられます。

選択型研修のメリット!

このような課題を感じている
人事ご担当の皆様へお薦めしています

MERIT 01
社員一人ひとりが、
自分の強みや伸ばしたい能力、
今後のキャリアを自律的に考え、
仕事を通して成長してほしい
MERIT 02
職場以外の場でも
積極的にインプット・アウトプットを
してほしい
MERIT 03
自律的に学ぶ風土や、
互いに学び合う組織づくりを
目指したい
さらに、社外の方と交流し、
刺激を受けてほしいという課題には、
公開型研修サービスを利用した
選択型研修がお薦めです

Pattern

選択型研修の導入イメージ

選択型研修の要件は、導入目的や受講対象者によってさまざまです。
ここでは、代表的な受講方法など、導入イメージをご紹介します。

全社員を対象として、「学ぶ風土醸成」を目的に実施する企業

選択型研修の要件
対象者
全社員(必須)
実施目的
学ぶ風土を醸成する
受講回数
年に2回まで受講可能
受講コースの選択方法
目標面談で上司と能力開発課題を確認し、受講コースと実践計画をすりあわせる
受講例
AさんAさん
今年度からチームリーダーを任された。今期は、周囲を巻き込みながら業務推進していけるよう今期は頑張りたい!
受講コース1 …プロジェクトマネジメントの基礎コースで、周囲を巻き込むコツを学ぶ
受講コース2 …担当する業務の問題解決ができるよう、問題解決思考の基礎を学ぶ
受講コース1…
プロジェクトマネジメントの基礎コースで、周囲を巻き込むコツを学ぶ
受講コース2…
担当する業務の問題解決ができるよう、問題解決思考の基礎を学ぶ
将来的に事業開発に携わりたい。事業開発に必要な基礎知識やコツを習得したい!
受講コース1 …マーケティングの基礎知識を学ぶ
受講コース2 …既成概念にとらわれない、新たな発想方法を学ぶ
BさんBさん
受講コース1…
マーケティングの基礎知識を学ぶ
受講コース2…
既成概念にとらわれない、新たな発想方法を学ぶ

希望者の能力開発を目的に導入

選択型研修の要件
対象者
中堅社員層の希望者
実施目的
自律的に学ぶ社員の能力開発支援
受講回数
半年に1回受講可能
受講コースの選択方法
360度評価を実施後、希望者は人事へ連絡する。受講コースは上司と相談のうえ決定
受講例
CさんCさん
織間の課題解決のため、強みであるコミュニケーションスキルをさらに伸ばしたい!
受講コース …交渉方法の基礎を学ぶ
受講コース…
交渉方法の基礎を学ぶ
よりリーダーシップを発揮するために、ストレスに負けないコンディションをつくりたい!
受講コース …集中力を高めるマインドフルネスを学ぶ
DさんDさん
受講コース…
集中力を高めるマインドフルネスを学ぶ
導入にあたって、
このようなお悩みはありませんか?
  • 受講希望者が少ないのではないかと不安がある
  • 一人ひとりの学びのニーズに対応できるラインアップを内製できない
  • 選択型研修の運用負荷が心配

Ticket

選択型研修に最適な
リクルートマネジメントスクールの
チケット制サービス

よくあるお悩みに対応した
チケット制サービス

POINT01
100以上の研修コース

希望者が集まる!一人ひとりのニーズに
対応できるラインアップ

POINT02
3時間×オンライン!
明日から使える学びに絞った
プログラム設計

忙しいビジネスパーソンでも
受講・実践できる!

POINT03
コース・日時を選べる
WEB上のチケット

受講者の意欲向上につながり、
人事の運用負荷を軽減!

3hour training couse
チケット制サービスで選べる
3時間研修コースとは?

「明日職場で使える!」をキーワードに、3時間でインプット&演習ができる、
ポイントを絞った研修コースです。
※チケット制サービスでは、1コースあたりの所要時間が3時間のコースのみご利用可能です。

自律的な学びに!定番スキルから人生×クリエイト領域まで幅広いコース

定番のビジネススキルに加え、変化の時代に求められる
クリエイティブなスキルや考え方を身につけるためのラインアップをご用意しています。

幅広いコース

おすすめ人気コースランキング

※2021年10月〜2022年3月

Service

チケット制サービスの使い方

管理者が受講者にチケットを配ることで、受講者がコース・日時を選び、受講することができます。
受講したいコースを自分で選ぶことで、受講者の意欲も高まり、学びの実践に有効です。

ご利用の流れ
管理者
  • 新規管理者登録
  • チケット購入
  • 受講者情報登録
  • チケット配布
  • アンケートの確認
  • アンケートの確認
ご利用の流れ
受講者
  • 受講申し込み
  • 受講
  • 受講後アンケート(翌日)
  • 実践後アンケート(1カ月後)
選択型研修導入のポイントについて
無料セミナーを開催しています。
ぜひご参加ください。

Voice

導入企業の声

  • 社内の集合研修には見向きもしなかった社員が、自分から「この講座を受けたい」と申し込み、その後も定期的に参加しています。
  • 特に印象的だった受講者のアンケートは、「社外の方との交流がいい経験になった」というもの。公開型研修の副次的効果として、「異業種交流による刺激」があるのだと気づかされました。
  • リクルートマネジメントスクールの3時間コースは、コース名も一般的な研修名によくある少し堅苦しい印象のものと違い、「ART&LOGIC(アート・アンド・ロジック)」など、一目見ただけで「私も受講してみたい!」と思えるようなものが並んでいました。
  • 初回の募集には、200名の枠に約1300名が応募がありました。これだけの応募が集まったのは、自身の課題や興味に合った学びに自ら手を挙げて参加する風土が着実に醸成されているからだと感じます。
  • 応募者の年齢や職種は幅広く、これは多くのコースのなかから選択できることが寄与していると思われます。なかでも私たちが注目したのは、育児・介護などの理由による短時間勤務の方々です。学びたくても時間を確保するのが難しいなか、研修は1回3時間、しかも日程も自由に選択でき、キャンセルや再予約も自身の都合に合わせてWEB上で登録できるため、“これなら参加できる”と多くの方のライフスタイルにマッチしたと感じています。そういった「学びたい」という意欲に、少しでも応えられるメニューを提供できたことをうれしく思います。
  • 受講後、学んだ内容を自社で共有し、すぐに自部署の仕事に置き換えて取り組みを始めています。このように、学んだ本人だけにとどまらず、周りにも波及することで、短期間で実践に移し、成果につなげているケースも出てきました。