新任管理職なら知っておきたい、管理職の役割や心構え、必要なスキル。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

新任管理職なら知っておきたい、管理職の役割や心構え、必要なスキル

新たに管理職となった方の中には、新たな役割への意気込みともに、これまで経験したことのない職務内容についての不安や疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。
今回は、新任管理職の方向けに管理職の役割や心構え、必要なスキルについてご紹介します。

管理職が知っておくべきマネジメントの基本については、以下の研修で詳しく紹介しています。

◆マネジメントの原理原則を学ぶ管理職基礎研修(MBC-f)
◆管理職研修 マネジメントの基本 〜管理職として押えておくべき知識〜
管理職にはどのような役割があるのでしょうか。企業や組織の規模、事業部の戦略などによりその役割は異なりますが、一般的な管理職に求められる主な役割は以下の2つです。

マネジメント(業務のプランニング・進捗管理・改善)
組織のメンバーが行う業務のマネジメントは、管理職の重要な役割です。目標を達成するためにどのような方法をとるのか、どのようなスケジュールで進めるのか、それぞれのタスクをどのメンバーにアサインすべきかなど、業務のプランを考えます。予算や必要なツールなどの手配を考えることもあります。

業務の進捗についても適宜確認し、スケジュールの遅延、予算の不足などの問題が生じている際には、改善策を考えます。

人材育成
人材育成も管理職の重要な役割です。成長を期待してアサインするタスクや仕事量を調節する他、適切なフィードバックや評価、良好な関係性を維持するためのコミュニケーションも重要です。
管理職になったばかりの時期は、それまでとの視野や負担の違いに戸惑うかもしれません。ここでは、新任管理職が知っておくべき心構えをご紹介します。

部下やチームの成長を考える
管理職経験のない新任の段階では、部下との関わりがうまく持てない場合も多いことでしょう。そのような場合も、部下やチームの成長を考え、職務を遂行していくことによって、次第に管理職らしい行動が取れるようになっていきます。

自身のストレスコントロールを忘れない
管理職の業務には多くのストレスや負荷をともないます。自身のストレス耐性を過信せず、適切にコントロールすることが重要です。管理職という仕事自体を楽しめる状態が理想的といえます。
最後に、管理職に必要なスキルについて具体的にご紹介します。

業務遂行スキル
リーダーや係長など「初級」に分類される管理職では業務スキルが求められます。いわゆる「プレイングマネージャー」と呼ばれるように、業務とマネージャー業務を両立しなければならないシーンは少なくありません。部下に模範を示すためにも、業務スキルを引き続き高めていくことは重要です。また、今まで経験したことのない業務の管理職になる場合も、最低限の業務スキルを早めに身につけておくことが必要な場合があります。

対人対応スキル
部下と良好な関係を保つ対人対応スキルも必要です。優秀な管理職は、さらに「部下に働きかけ、組織の能力を最大化する能力」も有しています。部下とのコミュニケーションは新任管理職が一番壁を感じやすい課題です。

コンセプチュアルスキル
方向性やビジョンを概念的に伝えるスキルは「コンセプチュアルスキル」と呼ばれています。組織の規模が大きくなるほど部下が増え、一人ひとりに細かな指示を出すことが困難になっていきます。大規模な組織の管理職には、方針・戦略といった大きな指示で部下を動かすコンセプチュアルスキルが必要です。
管理職の役割や心構え、必要なスキルについてご紹介しました。
管理職はマネジメントと部下の育成という重要な役割を担う立場です。管理職の心構えを日々意識し、対人スキルやコンセプチュアルスキルなどの必要な能力を身につけることにより、管理職として成長していくことができます。

管理職が知っておくべきマネジメントの基本については、以下の研修で詳しく紹介しています。

◆マネジメントの原理原則を学ぶ管理職基礎研修(MBC-f)
◆管理職研修 マネジメントの基本 〜管理職として押えておくべき知識〜