公開日:2017/09/12
更新日:2024/04/02
プロフィール

技術開発統括部
研究本部
組織行動研究所
主任研究員

仲間 大輔(なかま だいすけ)

経歴

2006年リクルート入社。京都大学総合人間学部にて文化心理学を専攻、北海道大学にて修士号を取得(社会心理学)。米国公認会計士。
リクルートホールディングスにて、主にグローバルM&AとPMI・海外子会社マネジメントに従事し、米国駐在などを経て、2017年4月より現職。
現在は、チームと組織デザインをテーマに、メンバー間のコーディネーションや協力についての研究を行っている。主な研究手法は、心理学実験、シミュレーション、組織データ分析、職場調査など。
Advancement Prize for MSEM Nominated Prize 受賞(The 12th International Conference on Management Science and Engineering Management.)

著書・訳書

渡部 幹・仲間大輔(2006)制度の変容と共有された期待―ガヴァナンスへの実験社会心理学的アプローチ―. 岡崎哲二・河野勝(編) 制度とガヴァナンス. 東京大学出版会. 第3章.

論文

坂本祐太郎・仲間大輔. (印刷中). ワーク・エンゲージメントがパフォーマンスに与える影響――組織内のマネジメントによる調整効果に注目して――. 産業・組織心理学研究.
宇野渉・仲間大輔 (2023). 1on1ミーティング時のメモを用いたワークメンタリティの好不調の推定. 人工知能学会大会論文集.
Kamijo, Y., & Nakama, D. (2022). Designing division of labor with strategic uncertainty within organizations: Model analysis and a behavioral experiment. Journal of Economics & Management Strategy, 1-16. https://doi.org/10.1111/jems.12506 (*corresponding author)
Ozono, H., & Nakama, D. (2022). Effects of experimental situation on group cooperation and individual performance: comparing laboratory and online experiments. PloS one, 17(4), e0267251. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0267251
仲間大輔・宇野渉 (2022) ハイパフォーマンスチーム分析:小サンプルデータのための探索的分析手法とその適用事例. 人工知能学会全国大会論文集.
上條良夫・仲間大輔. (2019). 集団行動のための組織設計:モデル分析と行動実験. 組織科学. 53 (2), 15-24.
Nakama, D., & Takemura, K. (2019). Interactive effects of hierarchy and task demand on team effectiveness within a firm. Proceedings for 34th Annual Conference of the Society for Industrial and Organizational Psychology.
Watabe, M., & Nakama, D. (2018). Agent-Based Computer Modeling for Understanding Organizational Dynamics. Proceedings of the Twelfth International Conference on Management Science and Engineering Management (ICMSEM 2018), 239-249.