部長職向けコーチングプログラム | シニアマネジメントコーチング

部長職を対象とした、1対1のコーチングプログラムです

このような課題に対応できます。

部長層に求められるリーダーシップをより自覚的に磨き続けてほしい

  • 部長として早期に立ち上がってほしい
  • 360度サーベイで分かった能力開発テーマに向き合ってほしい
  • 次の経営人材として、一つ上の視野を獲得してほしい

特長

受講者が、「部長職として、本来の自分を生かしながら、各状況に適応したリーダーシップを発揮出来る」よう支援します



特長1.
個別性の高さ

個別性の高い対応が可能ですので、部署毎に期待や役割が異なる部長職への施策に適しております

特長2.
日常をテーマにした
継続支援

本商品は、定型コンテンツが無く受講者の日常をテーマに6ヶ月間の継続支援をいたします。
6ヶ月の間に、新たな取り組みの後押しと、その振り返りをすることで、受講者の変容の可能性を高められます

特長3.
心理的安全性が高い場

部長職は、立場や建前上、本音や弱みを社内で吐露することが難しいポジションです。コーチングの場では、周囲からの目線やステークホルダーを気にせずに、本音や弱みを吐露できるため、本心からくる自分なりの答えを見つけることができます。この答えが、受講者の判断軸を創ることに繋がります



期待成果



受講者の価値観・信念が明確になり、本来の自分に気付く
周囲からの期待と本来の自分を統合することで、自身が取り組むべきテーマが見つかる
職場実践と振り返り(コーチング)のサイクルを回すことで、自分らしいリーダーシップ発揮の方法を掴む


シニアマネジメントコーチングの具体例



シニアマネジメントコーチングの具体例の説明イラスト

利用者の声


  • 「自分が本当に大事にしたい価値観やビジネス人生かけて成し遂げたいビジョンが改めて明確になったことで、正解のない事柄(例:人事や組織)を意思決定する際、迷わず、自信を持って決断できるようになった」

  • 「自分の内面と素直に向き合いながら、苦手なことにトライすることを通じて、自分の成長を実感できた。また、部下との関わりや接し方を変えたことで、組織全体にも変化の兆しをみることができた」

  • 「部長としてのありたい姿を明確に置くことが出来た。その姿に照らして、新たな取り組みを推進する際、コーチによる伴走が大変役立った」


「シニアマネジメントコーチング」
導入のご検討についてはお問合せ下さい


プログラムの流れ

6回のセッションとその間の実践を通じ、受講者が、「部長職として、本来の自分を生かしながら、各状況に適応したリーダーシップを発揮できる」よう支援します



プログラムの流れの説明図




サービス詳細

サービス名

シニアマネジメントコーチング

対 象

部長職
対応テーマ

部長・経営層の事業推進力強化

実施形態

・形式:1対1のセッション
・回数:全6回
・期間:6ヶ月程度
・時間:1回あたり90分
・場所:貴社会場もしくは、オンライン

実施料金

別途お見積もり。営業担当またはサービスセンターへお問い合わせください。

実施時間

90分

このサービスに関する
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

13~14時は混み合います。
お急ぎでなければWEBからお問い合わせください

SPI・ReCobook・NMAT・JMATに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00~17:00 月~金(祝祭日除く)

他のサービスを探す

部長・経営層の事業推進力強化に関するサービスを見る

このサービスに関連する課題

無料セミナー

ご来場いただく集合型セミナーと、Webで閲覧可能なWebセミナーの2パターンをご用意しています。

無料ダウンロード
マネジメント育成ハンドブック/今の時代の新人育成セミナー抄録など人事お役立ち情報を
無料ダウンロード

その他、会員様には最新記事や事例など、更新情報をいち早くお届け致します。

  • リクルートマネジメントスクール
  • SPI3
  • ReCoBook
  • INSIDES