悩み多き立場?中間管理職(ミドル・マネジメント)の役割、心得とは。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

悩み多き立場?中間管理職(ミドル・マネジメント)の役割、心得とは

中間管理職(ミドル・マネジメント) は、経営者(トップ・マネジメント)の下で部門管理を担い、組織のパフォーマンスを左右します。自分自身の成長を実感する機会が増える一方で、さまざまな悩みを抱える中間管理職も多いようです。
今回は中間管理職の役割と心得についてご紹介します。

ミドルマネージャーが身につけるべき内容については、以下の研修で学んでいただけます。

◆マネジメントの原理原則を学ぶ管理職基礎研修(MBC−f)【1泊2日】
◆部下育成のためのコミュニケーションスキル【1日】
◆コーチング 〜実践!管理職・リーダーのためのコーチング・コミュニケーション〜【1日】
中間管理職が担う役割は、主に以下の3つが挙げられます。

【1】現場のマネジメント
組織における成果の最大化を目指す中間管理職と、自律的に力を発揮したい一般社員の間に、摩擦が生じることもままあります。中間管理職は、メンバー一人ひとりの強みや持ち味を把握し、どのような場面でそれらを発揮できるのかを考えていくことが求められます。

また、昨今はメンバーのワークライフバランスを保つためにも、長時間労働を防ぐ取り組みが欠かせません。特定のメンバーに業務が偏っている場合は業務分担を検討します。業務フローを見直して業務の効率化を図ったり、集中力を高めて定時内に仕事を完了させるよう促したりすることなども必要です。

【2】より良い職場づくり
職場の雰囲気づくりは中間管理職の重要な役割の1つです。雰囲気の良い職場では、各メンバーは活力にあふれ、自分の力を最大限発揮することができますが、雰囲気が悪い職場ではモチベーションが上がらずに生産性が低下します。メンバー同士のコミュニケーションが円滑か、互いに助け合う風土が醸成されているかを気にかけておくことが大切です。

メンバーが生き生きと働くためには、組織が将来どのような方向へ進むのかというビジョンを伝えることも重要です。組織のビジョンを示すことによって、メンバーが組織とともに成長していく意識を持てるようになります。

【3】部下の育成
中間管理職にとって、チームを成功に導くことができるリーダーの育成は急務です。部下のスキルアップを支援したり、経験を積ませたりするとともに、中間管理職が部下の見本になることが期待されます。

人が成長するには時間がかかるため、短期的な視点ではなく、長期的な視点で部下の育成に取り組むことが大切です。その場しのぎで仕事の割り振りをするのではなく、育成目標と計画を立てて仕事を割り当て、進行中も適宜指導を行います。
部下との信頼関係の構築に苦労する中間管理職は多いでしょう。ただ部下に指示を出すだけでは、部下はついてきません。人を動かすためのコミュニケーションスキルを磨く必要があります。中間管理職は部下の育成に携わるため、コーチングスキルの習得をお薦めします。

コーチングとは、クライアント(部下)とコーチ(上司)との双方向のコミュニケーションを通じて、気づきを得ることを促す技法です。コーチからクライアントへ一方通行のコミュニケーションが行われるティーチングとは異なり、コーチングのコーチとクライアントは対等の関係にあります。

コーチングの際、コーチはクライアントが気づきを得られるような質問をしますが、答えを教えるわけではありません。投げかけられた質問を自分の頭で考えてもらい、クライアントの成長を促すことを目的としています。

新入社員は基礎的な知識が身に付いていないため、ティーチングによる育成が主体となりますが、成長に合わせてコーチングの機会を少しずつ増やすと良いでしょう。
現場のマネジメント、職場環境の整備、人材育成などの中間管理職の役割を果たすためには、プレーヤー時代とは異なる能力が求められます。経験を積むことはもちろん、マネジメントの原理原則を理解したり、人を動かすためのコミュニケーションスキルを磨いたりすることが大切です。

マネジメントおよびコミュニケーションについては、以下の研修で詳しく紹介しています。

◆マネジメントの原理原則を学ぶ管理職基礎研修(MBC−f)【1泊2日】
◆部下育成のためのコミュニケーションスキル【1日】
◆コーチング 〜実践!管理職・リーダーのためのコーチング・コミュニケーション〜【1日】