5. 「最近の新人は」「今年の新人のタイプ」というお決まりトーク 〜必ず押さえておきたいポイントとは?〜。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

5. 「最近の新人は」「今年の新人のタイプ」というお決まりトーク 〜必ず押さえておきたいポイントとは?〜

■今年の新入社員は○○タイプ
 毎年新入社員の入社時期になると、「今年の新入社員は○○タイプ」である、だからこういう風に接するべき、
 という話があります。
 また、「最近の新人は」「最近の若者は」という切り口での会話は、今の経営層世代が新人だった頃や、
 さらにそれより前の世代から繰り返されてきた話題であり、「最近の」新人に限った話ではありません。
 「最近の新人」のタイプを知り、ダメ出しをしたり、逆に合わせた対応を取らなくては、と思う前に
 この前提を思い出しておくことは非常に重要です。
 
■新入社員ならではの特徴もある
 また、時代に関わらない新入社員ならではの特徴というものもあります。
 長年新卒採用をしていなかったが、今年初めて採用した、などの場合には「マナーがなっていない」
 「言われたことしかやらない」など目に付くことが多いかもしれません。
 しかし、つい先月まで学生だったのに、完璧に社会人のように振舞える人はなかなかいません。
 今堂々と仕事をしている中堅社員も、新人の頃には独りよがりだったり、消極的だったり、
 新入社員ならではの特徴を持っていたはずなのです。

■とはいえ最近の特徴は?
 前段が長くなりましたが、とはいえ押さえておくべき最近の特徴はあります。
 よく言われるのは昔に比べて、「真面目で優秀」「一方、コミュニケーションが消極的」という特徴です。
 言われたことはきちんとこなすのに、「言わないとやらない」「主体的でない」という先輩や上司からの
 不満が多くなりがちなのもこのような特徴から来ています。
 いわゆる「ハングリー精神」があるような雰囲気がある人も少なく、総じて飄々と見えるかもしれません。
 「さとり世代」という言葉も定着してきました。
 先輩世代より失敗や新しいことへの不安感が強く、安心できる環境でないとチャレンジができない、
 などの様子も伺えます。
 しかし基本的には優秀でITリテラシーなども高い人が多いので、やりかたを教え、どんどん任せていけば
 仕事の吸収スピードは早いかと思います。

■近い世代のフォローはとても重要
 このような特徴を持っているため、上司だけではなく近い世代がコミュニケーションを取ったり、
 フォローしてあげることは有効です。
 OJTリーダーの育成や、上司のフォローの仕方、最近の新人若手への対応方法などは
 ぜひこちらも参考にしてみてください。

 ◆OJTリーダーの育成・最近の新人・若手育成を取り巻く環境

■入社時に必須のことを身につける「新入社員お預かりプラン」
 このような特徴や昨今の職場の環境を踏まえて、入社時にあらかじめ必要なことをまとめて学ばせてしまう
 「お預かりプラン」が昨年から好評です。
 今年は、ご要望にお応えして「Excel x 数字力」と「ビジネスコミュニケーション」のコースを
 新たに追加して、最大2週間のプランをご用意しました。

 ◆【最大2週間!お預かりプランも】2018年度春 新入社員研修


◆新入社員研修は早期戦力化のカギ 〜必ず押さえておきたいポイントとは?〜
   1. 新入社員研修とは
   2. 新入社員研修のカリキュラム
   3. 社内で実施するか社外で実施するか
   4. 新入社員 最初の壁
   5. 「最近の新人は」「今年の新人のタイプ」というお決まりトーク