人材マネジメントポリシー策定コンサルティング

「事業」と「従業員」の両方の視点を活かしつつ、企業のミッション・ビジョンの実現に向けた人材マネジメントポリシーを策定します

サービスの特長

1.定量的、定性的アプローチによる現状の可視化
人材マネジメントポリシーとは、人材マネジメントに関する意思決定の拠り所となる基本思想や原理原則を指します。その策定においては、まず「人と組織の現状」についての正しい認識を持つことが重要です。従業員へのアンケート、経営層へのインタビューなど、定量的・定性的アプローチを駆使しながら現状の可視化を行います。

2.キーパーソンによる意思決定を支援
事業の方向性や人と組織の現状、従業員の想いなどを踏まえ、自社の今後の進むべき方向性を検討・決定していくのは、経営者を中心としたボードメンバーや次世代のリーダーとなります。経験豊富なコンサルタントやトレーナーが、クライアントの議論や意思決定を適切にファシリテート・支援します。

3.具体的なHRM戦略・施策に展開
会社としてのビジョンや事業の方向性が定まったとしても、それを組織や人のマネジメントに展開できなければ、絵に描いた餅となってしまいます。弊社では、HRM領域における豊富な知見とノウハウを活かし、具体的なHRM施策へと展開することを力強く支援します。

プロセス

人材マネジメントポリシーの策定については、概ね以下のプロセスを踏みながら検討を進めます。

お問い合わせ

関連する記事

お役立ち情報

「サービス」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top