ワークライフバランス/ダイバーシティ特集。社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

ワークライフバランス/ダイバーシティ特集

ダイバーシティと一口に言っても、今の時代は時間の制約や国籍、価値観の違い、またワークライフバランスに対する感覚など、1人1人の違いには、まさに多様性が広がっていっています。
当事者だけではなく、上司や人事も各テーマについて理解を深めることが必要です。
また、多様な人々がいる中で画一的なマネジメントが通用しない中、コミュニケーションの取り方も重要になっていきます。
リクルートマネジメントスクールでは、ダイバーシティに対応するだけではなく、そのような組織を活かしていくための研修ラインナップもご用意しています。
自分を取り巻く変化を理解し、「ありたい姿」とそのための第一歩を考え、不安やストレスの早期解消を目指します。

多くの女性が復職後の働き方の変化に戸惑い悩む中で、時間や日々の仕事に追われ、現状を整理したり、先々のことまで考える余裕を持てずにいるのが多くの方の現状です。

このコースでは、同じ立場の人と語り合う中で、”悩んでいるのは自分だけではない”ことを理解し、参考事例や働き方のヒントを得て、自分にとってのよりよい働き方や仕事への向き合い方を考えます。

▽コース詳細はこちら
【女性活躍推進】子育て中の時短勤務における心構えと働き方 〜自分らしく、成長し続けるために〜
上司として育休復職者・時短勤務者にどう関わり、支援していくのか、押さえておくべきポイントについて学びます。

育休復職者の「上司」の方を対象に、復職後に時短勤務で働く部下のやる気や能力を引き出すためのマネジメントについて考えます。

育休復職者の置かれた現状を理解すると同時に、マネジャーとしてどのように部下に関わり、支援していくのか、適切な目標設定とは?といった具体的なテーマについて、ロールプレイングなども交えながら実践的に学びます。

同じ立場のマネジャー同士が一緒に受講することにより、より広い視点から理解を深め、支援や課題解決のヒントを多く持ち帰っていただくことを目指します。

▽コース詳細はこちら
【女性活躍推進】時短勤務社員の上司としての心構えとポイント(管理職向け)
これから誰もが迎える介護に備え、一足先に仕事と介護の両立に必要な情報を学びませんか。

介護に関する社会環境や、介護に至る原因、介護保険の使い方、適切な介護を見分けるポイントなど、介護問題を理解する上で知っておいていただきたい具体的な知識だけでなく、実際の介護に関するシミュレーションを通して、いざ、介護が必要となった際に起こることを実感しつつ、これからの介護に備えます。

また、同じテーマをめぐって受講者同士が語り合うことで、介護に関する不安や悩みを共有し、”新しい働き方”を支える環境づくりや、両立のためのヒントにつなげます。

▽コース詳細はこちら
【働き方改革】介護と仕事の両立のために、人事や上司・本人が知っておくべきこと
LGBTを理解するためには、「知る」だけでなく、「考える・咀嚼する」時間を丁寧にとることが大切です。

LGBTについての基礎知識や当事者とのコミュニケーションのポイントやLGBT対応をしている国内外の企業事例を知り、今後の自社/自組織のありたい姿を描き、職場でのコミュニケーションのあり方を考えます。

インプットだけでなく、人事やマネジャーとして直面しうる課題を想定しながら、よりよい組織づくりやコミュニケーションについて考え、対話するワークショップも行います。受講者同士の対話を通じて、多様な視点や幅広い視野でLGBTに限らず、一人ひとりが自分らしく輝ける組織について考えるきっかけとなる内容です。

▽コース詳細はこちら
LGBT基礎知識 〜職場でのコミュニケーションのあり方〜
いま、私たちの職場は、性別、年齢、国籍など多様な人が共に働く場となりつつあります。

上司と部下、男性と女性、異なる国籍、ベテランと若手など、多様な人が集まるチームは、互いに相互理解が欠かせませんが、異なる考え方を持つ人同士、本音を言いにくかったり、分かり合えないと思い込み、チームになかなか協働が起こりにくいという課題もよく聞かれます。

多様な価値観や性格、コミュニケーションスタイルを持つ人が、その違いを活かしていくうえで、すべてのベースとなる相互理解を深めるコミュニケーションや、違いを「強み」としてポジティブに受けとめ、チームで「やりたいこと」「ありたい姿」を描いていくコミュニケーション方法を、ワークショップ形式で学んでいきます。

▽コース詳細はこちら
ダイバーシティ・コミュニケーション 〜一人ひとりの多様性を生かし、信頼関係を築く〜