〜社史を通して自社の発展・成長の本質をつかむ〜自社の未来を託せる「経営人材」を育てる

対象者 後継者育成・次期経営人材育成をお考えの会長・社長、担当役員の方々。
(役員以上のお役職限定とさせていただきます。恐れ入りますが対象外の方のご参加はお断りさせていただきます。ご了承ください。)

早期から経営幹部育成に取り組まれている企業も多くなってきました。ただ現実問題「幹部育成など行ってきたが “ちょっと違う” “ちょっと物足りない”」と感じられている社長も多くいらっしゃいます。そのような課題感をお持ちの方は是非ご参加ください。

このセミナーでわかること

幹部育成で見落としがちな大事なポイント

社史の活かし方

詳細

後継者育成・次世代の経営人材育成に満足されていますでしょうか。
経営者の方からは、取り組んではみたものの残念ながら「本気でやっていない」「実践的じゃない」などのご不満や「やっぱり研修では無理なんじゃないか」とあきらめの声も聞こえてきます。とはいえ、現実・実践だけでやっていくのも心もとない。この「サクセッションプラン」の策定と実行は、経営者にとって大変悩ましいテーマだと感じます。
経営環境の厳しさは増す一方ですし、「人的資本経営」という時代の要請にも応えていかなければならないのが経営の現実。ゆえに昨今、早期から経営人材育成に取り組まれたり、上級管理職にはより高く実践的なハードルを求められる経営者が増えてきているように感じます。

当セミナーでは、これまでの実践の中で積み上げてきた経験則をもとに、私どもが考えるサクセッションプランのとりわけ育成における大事なポイントや実践方法を紹介させていただきます。
このテーマで試行錯誤をされている経営層の皆様に、少しでもヒントをお持ち帰りいただければと思います。
経営者のみなさまから候補者の方々に対して頂戴する問題意識をいくつか挙げております。
該当される方は、ぜひ、ご参加ください。


1.いろいろ経験もさせたし、研修も受けさせたが、まだまだ物足りない

2.目線を上げてほしい。目の前のことに追われて将来を見据える視界に乏しい。
志の問題なのだろうか

3.意思決定に「リスク」はつきもの、どうも決断するということがわかっていないし、上が決めると思っている

4.屈強で困難にも耐えられる人間だが、「言われたことをやる」からなかなか抜け出せない

5.意見や考えはいろいろ言うが、どこか他人事。「本気で考えろ!」と伝えているが・・・
このモードの違いを正したいのだが、なかなか言っても伝わらない

6.会社を背負う・事業を背負うということがわかっていない

7.判断の理由を聞いて「えっ!」と思うことがある。
うちが大事にしていることは散々伝えてきたはずなのだが・・・

当日はオンライン上ではございますが、ご参加の皆さんと意見交換をさせていただく機会も作れればと思っております。
お忙しい中かと存じますが、本テーマにお悩みをお持ちの方は、是非ご参加ください。
よろしくお願い致します。

講師プロフィール

河島 慎(かわしましん)

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
エグゼクティブコミュニケーションエンジニア

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

スケジュール一覧をダウンロード

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCobook・NMAT・JMATに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)