アンガーマネジメント

アンガーマネジメント(Anger management)とは、怒りを後悔しないこと、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らないようになること、と説明されています。

2015年からのストレスチェック義務化(一部)に伴い、ストレス対策に取り組む企業が増えています。
特に、管理職に対しては、「多様な価値観を持った部下のマネジメント」「パワハラ問題への対応」「働き方改革と生産性向上が求められる中での部下育成」など、様々な場面において感情を適切にコントロールすることが、今まで以上に求められています。
しかし、不満や怒りの感情をただ我慢して溜め込むだけでは、心身の不調といった問題を引き起こしかねません。

アンガーマネジメントは、日常生活や職場に潜むイライラや怒りの感情に対する適切な理解と対処を学ぶ手法として、1970年代の米国で、心理トレーニングの一つとして開発されました。
昨今、日本においても、企業だけでなく、学校や行政機関などからも注目され、幅広く取り入れられるようになってきています。

リクルートマネジメントスクール研修公開コースでは、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会と提携し、企業や組織や働く人々にとっての心身の健康維持と、より豊かな人間関係や充実した時間を過ごしていただけるための一助として、アンガーマネジメントの普及を目指してまいります。

アンガーマネジメント 〜感情をマネジメントするスキルを身につけ、良好な人間関係を築く〜【3時間】

関連する記事

Page Top