一律支援から個別支援へなぜ、コロナ禍のミドルマネジメント層にコーチングは有効なのか

対象者 経営者、人事および人材開発部門の責任者、事業ライン企画部門の責任者

コロナ禍において、ミドルマネジメント層の負担が過重になっているという声を聞くようになりました。そこで、本セミナーではミドルマネジメント層の負担が軽減され、より成果が出せるようになったコーチング施策を企業事例を交えながらご紹介します。

このセミナーでわかること

ミドルマネジメント層が置かれている現状

現状を打破するコーチング施策の概要と有効性

企業事例(取り組みと効果)

詳細

多様性を受け入れる社会になり、こちらを立てるとあちらが立たない、二律背反の状況がマネジメント現場でも起きています。
そのような状況下でも、的確な判断をする必要のあるミドルマネジメント層は、精神的な負荷が大きく、疲弊する可能性が高いと言わざるを得ません。多くの企業は、「組織を自分らしく牽引するはずのミドルマネジメント層が、自分を大切に出来ていない状況」にあると言えます。
そのようなミドルマネジメント層が、本来の自分を大切にした上で、組織の役割を果たすには何が必要かを本セミナーでお伝えしたいと思います。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

スケジュール一覧をダウンロード

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)