STEP

用語集

オブザーバーとは? 意味や具体的な例を紹介

  • 公開日:2014/01/29
  • 更新日:2024/06/07

オブザーバーとは観察者、監視者を意味する言葉です。人事領域においては研修を実施する際に、受講者と講師を除いた、おもに研修の観察を目的として参加する人を指します。具体的には、「研修の開催責任者や事務局」、「(外部に研修を依頼している場合)提供会社の営業担当や開発スタッフ」、「研修を担当する別の講師」、などが主なオブザーバーとなることが多いです。

こちらの事例では、人事が研修にオブザーバーとして参加する「伴走型人事」のスタイルについて触れています。
株式会社電通の導入事例

おすすめの
無料オンラインセミナー

Online seminar

サービス導入を
ご検討中のお客様へ

電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付/8:30~18:00/月~金(祝祭日を除く)
※お急ぎでなければWEBからお問い合わせください
※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください

SPI・NMAT・JMATの
お問い合わせ
0120-314-855

受付/10:00~17:00/月~金(祝祭日を除く)

facebook
x