ヒューマンスキル開発研修 | きく・はなす・みる

「きく」「はなす」「みる」3つのヒューマンスキルのリテラシーを習得し、職場でのフィードバック力・対人感受性を強化します

サービス名

きく・はなす・みる

対 象

若手社員〜マネジャー

対応テーマ

ビジネススキル習得/人事担当者向け支援

日 程

2日間×3回シリーズ(プログラム間に職場実践期間を設定)

推奨受講人数

10名

実施形態

・講師派遣

外国語対応

なし

実施料金

別途お見積もり。営業担当またはサービスセンターへお問い合わせください。

課題

●部下に対して、うまくコミュニケーションを取り、関われるようになってほしい  
●場面、目的に応じた効果的な話し方のポイントを身につけてほしい
●参加者を巻き込み、会議を上手に運営するスキル(ファシリテーション力)をつけてほしい
●チーム内の各個人が持つノウハウ、技術をすくいあげて、チーム全体のナレッジに高めてほしい

概要・特長

1.ヒューマンスキルの土台である「きく」「はなす」「みる」の3つのスキルを習得する
「きく」「はなす」「みる」各プログラムでは、ロールプレイやフィードバックを多用し、構造的にプロセスを踏むことで、確実なスキル向上をはかります。

2.フィードバック力を高め、自己理解と対人感受性の向上を促す
単なるコミュニケーションスキルのトレーニングではなく、トレーナ−やグループメンバー間での率直なフィードバックを繰り返すことにより、「ありのままに自己をとらえる」自己理解の促進や、フィードバック力の向上、対人感受性の強化を目指します。

3.トレーニングの間に職場実践期間を設定することで、職場での実践力を高める
「きく」「はなす」「みる」の、各プログラムの間に職場実践期間を設定し、習得したスキルを職場で実践してみて、次の研修でふりかえりを行い、スキル習得を確実なものにします。

受講者の声

  • ●「自らのスキル(きく・はなす・みる)レベルが、トレーニング内での実践を通じて高まっていくのを実感できた」
    ●「トレーニングを経て、部下の行動をよく見てフィードバックができるようになった」
    ●「プロジェクト運営の際にみるべきポイントが明確になり、ミーティングやプロジェクトの生産性が格段に上がった」
    ●「家人から、『私の話をよく聞いてくれるようになった。(長年変わらなかった)あなたが本当に変わった』と言われた」

研修プログラム

・以下は、本研修の標準的なプログラムとなります。

WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

関連する記事

お役立ち情報

Page Top