マインドフルネス実践 〜感情のマネジメントと共感力向上によるセルフマネジメントの実践〜(181)|社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール 2024年8月 | 社員研修・社員教育のリクルートマネジメントスクール

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー
  • 管理職層
  • 部長・経営層
  • 企画・マーケティング
  • プロジェクトマネジャー・メンバー
  • 営業
  • 人事・労務
オンラインクラスあり

マインドフルネス研修【実践編】 〜感情のマネジメントと共感力向上によるセルフマネジメントの実践〜(181)

【オンライン受講クラス有】コロナ禍や経済不安など、ますますVUCA(変化が非常に激しく答えのない時代)が進展する中で、ますます自分自身のパフォーマンスやウェルビーイングを保ち、さらに向上する上で、感情のマネジメントや感情の回復力(レジリエンス)は、働く人の必須スキルとして、欧米では認識されております。
また、他者とのつながりや信頼を築き、心理的安全性を創り出す基盤として共感力の向上に、注目が高まっています。
本講座では、マインドフルネスの実践による感情のマネジメント、レジリエンス、共感力の向上を中心に今の時代の波をうまく乗りこなしていくためのセルフマネジメント力の向上を目指します。

このような課題・ニーズにお応えします

  • 日々の心配、不安、落ち込みや衝動的な怒りなどの感情のマネジメントや感情の回復(レジリエンス)の方法を身につけたい
  • 自己認識力を高めることにより、仕事のパフォーマンスを向上させたい
  • ストレス発生のメカニズムを知り、効果的に自分のストレスをマネジメントしたい
  • 他者への共感力を高めることで、組織・チームの心理的安全性の基盤を自ら創り出したい

概要

本講座では、怒りや落ち込みといったネガティブな感情や現代人のほとんどが抱えるストレスの発生メカニズムを脳科学やポジティブ心理学の視点から解説するとともに、そうした感情のマネジメント、感情の回復力(レジリエンス)向上に対して、マインドフルネスがいかに寄与するのかを説明していきます。
そして、感情のマネジメント、感情の回復力(レジリエンス)を向上させるためのマインドフルネスの実践方法や具体的なワークをご紹介します。
また、今、チームや組織に求められている心理的安全性を創り出し、コミュニケーション力を向上させていくための共感力を向上させる方法を脳科学や経営学の視点より説明し、具体的な共感力向上の方法を学びます。
マインドフルネスを基本から学びたい方は、「マインドフルネス入門〜頭と心のコンディションを整え、集中力を高める〜」の講座の受講をお勧めしますが、本講座「マインドフルネス実践」から受講することも可能です。

受講後には以下の状態を目指します。
●マインドフルネスを通じて、自分の感情マネジメント力と他者への共感力を高めるための理論と実践方法を知る
●マインドフルネスを継続的に実践するための気づきと学びを得る
●マインドフルネスによる自己認識力、セルフマネジメント力、共感力の向上がパフォーマンス、リーダーシップ、Wellbeing(ウェルビーイング)向上につながることを理解している

担当講師が変更となる場合がございますのでご了承ください。


プログラム

  • 講義
  • 個人ワーク
  • グループワーク
  • 実践演習
●マインドフルネスの基礎
●パフォーマンス、リーダーシップ、ウェルビーイングを高めるフレームワーク
●感情のマネジメントの理論と実践
●共感力の理論と実践
●学びの振返り

開催概要

開催地
WEB
期間 3時間 総研修時間(食事時間を除く) 3時間
開催時間
3時間(09:00〜12:00、13:00〜16:00、17:00〜20:00の時間帯)
受講費用
15,000円/名(税抜) ※チケット制対応あり
受講対象 若手層 中堅層 リーダー 管理職層 部長・経営層
怒りや落ち込みといった感情のマネジメントや感情の回復力(レジリエンス)、心理的安全性の実践となる共感力向上に興味がある方に特におすすめします。
事前課題
/準備
なし

リクルートマネージメントスクール チケット制サービス

※管理者登録済みの方のチケットを使ってのお申込みは管理者サイトからとなります。 管理者ログイン 管理者ログイン

受講者の声

講義に加えて、ペアワーク・グループワークを取り入れ、マインドフルネス、共感のリスニングを実体験でき有意義だった。ペアワークを実践し、講師の話す「共感は本能」を実感できた。
取引先や上司、同僚、部下という他社を知ることに全力を尽くしているが、意外と自分を知ることにパワーを割いていない状況に気づくことができた。今後のマネジメントに生かしていきたい。
本講義は仕事でもプライベートでも活用できる内容だと思った。マインドフルネスのトレーニングも難しくないので続けることができそうだと感じた。
私は心配事や不安なことがあると、気持ちの切り替えが苦手なタイプで、そんな自分を払拭したいと思い本研修に参加した。これまでも本などを読み知識としては分かっているつもりだったが、直接講義を受けることで、『今』に集中することで雑念が取り払われ、最高のパフォーマンスを発揮できる状態になるということがよく理解出来た。組織のリーダーとして常に自分自身への気づきと、組織に対する気づきをより深いところまで意識し、様々な感情にも勇気を持って行動し乗り越えて行きたいと思う。
研修ではあるが、自分の心と向き合うことが出来た有意義な時間だった。刺激と反応の間の隙間を充分とって、最適な反応を考えることを意識していきたいと思う。

講師情報・メッセージ

荻野 淳也
オギノ ジュンヤ
プロフィール

いま働く人たちが目指しているパフォーマンス、リーダーシップ、ウェルビーイングの向上のためには、感情のマネジメントや回復力(レジリエンス)、共感力といった感情のスキル開発が必要であることが科学的にわかってきています。
それらは、働く人たちにとってのいわばOS(基本ソフト=オペレーションシステム)であり、OSをバージョンアップすることにより、(コミュニケーションなどのアプリケーション的な日常的なスキルもバージョンアップします。
パンデミック以降、マッキンゼー社のレポートやハーバードビジネスレビューの記事でも、こうした感情のスキル開発の重要性が取り上げられるようになりました。
ますます混迷する時代だからこそ、そうした時代をポジティブに乗りこなし、新たな時代を創り出すためのスキルを身につけていきましょう。

豊富な経験とテーマに精通したプロが効果的な学びを支援します。

講師について

開催日程・お申込み

1件の開催日程よりお選びいただけます。

「お申し込み」ボタンをクリックして、お申し込みください。
なお、管理者IDをお持ちでない方は、「お申し込み」ボタンをクリック後の「管理者登録未登録の方はこちら」より管理者登録へ進んでください。
ご希望の開催地・月をクリックすると、その条件に合ったコースが表示されます。

リクルートマネージメントスクール チケット制サービス

※管理者登録済みの方のチケットを使ってのお申込みは管理者サイトからとなります。 管理者ログイン 管理者ログイン

開催日程 場所 お申込み
2024年
開催日程/場所/お申込み 08月06日(火) 13:00
〜08月06日(火) 16:00

WEB オンライン

[地図を表示]