プロフィール

人材開発トレーナー

杉浦 重信(すぎうら しげのぶ)

経歴

1965年生まれ。88年に大手人材開発・情報出版企業に入社。経理部にて全社会計システム開発プロジェクトに参加。その後、社内留学制度にて早稲田大学ビジネススクールにてマーケティングを学ぶ。卒業後は、主に事業企画のマネジャーを務める。CRMシステム開発のプロジェクトリーダー、新規事業の立ち上げを経た後、人材派遣事業の業務運用部長としてBPRを推進。2005年、リクルートマネジメントソリューションズのトレーナーになり現在に至る。

座右の銘

成長と向き合う。生きているうちに「成長って何なの?」をはっきりさせたいですね。

趣味

スキーとキャンプですが、ここ数年は「家族」です。

トレーナーとして大切にしていること

ちょっとしたきっかけが人を元気にします。そのような機会に立ち会い、出来る限りそのきっかけ作りの手助けをすること。また、人は自らの力で元気になれる。そんな「人」の力を信じること。

トレーナーになったきっかけ

私は教育大学の出身です。入学当初は「教育」への情熱があふれていましたが、卒業時には本当にこの進路でよかったのかと悩み、就職したら16年が経ってしまいました。当時取り掛かっていた仕事が一段落したこともあり、再度「教育」の道へとの思いもあり、トレーナーになりました。今現在は「教育」と「トレーニング」の違いに悩みながらも充実した日々を過ごしています。

Page Top