経営者が語る人と組織の戦略と持論 株式会社ルネサンス 代表取締役会長 斎藤敏一氏

国内で売上高3位、世界で同10位というフィットネスクラブ大手ルネサンス。
その創業者が斎藤敏一氏だ。もともと畑違いの大手化学メーカーの技術者であり、その企業の新規事業としてスタートした。そうした出自が同社の人と組織にどんな影響を及ぼしたか。
まずは起業ストーリーから見ていこう。


「ルネサンス」が生涯を貫くテーマに

「 自分が楽しいことをやりたいから、この事業を起こした」。斎藤氏はそう言い切る。

京都大学工学部の合成化学科出身。4年生のとき、同じ研究室にいたスイス人と共同研究することになり、それが縁でスイス連邦工科大学への2年間の留学を勧められる。レントゲンやアインシュタインなど、幾多のノーベル賞受賞者を輩出した超名門大学だ。すぐに行くことを決めたが、その後が不安だった。大学の研究者になるつもりはなく、まず新卒として入り、2年間の留学を認めてくれる企業を探した。国内留学制度を適用してくれたのが大日本インキ化学工業(現DIC)だった。

2週間の新入社員研修を受けただけで、スイス、チューリヒに旅立つ。旅費は会社が出してくれたし、留学中の給料も保証してくれた。

留学最初の冬休み、友人になったイタリア人に誘われ、彼の故郷のフィレンツェを訪れる。斎藤氏が振り返る。「ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ウフィツィ美術館で見たルネサンス三巨匠の絵に衝撃を受けました。いずれも絵画という1つの領域に閉じこもることなく、彫刻、建築、技術、詩作にも才能を発揮した天才であり、人間には無限の可能性が備わっていることを実感しました。私も一技術者という生き方に満足していてはいけない。そこから、ルネサンス、つまり人間性の回復および再生が私の生涯を貫くテーマになっていきました」

落語家名は「遊び亭一生」

帰国後の配属は当時、埼玉県浦和市にあった中央研究所だった。ここでスイスでの生活との落差を痛感する。「残業、休日出勤と仕事オンリーの生活です。留学で勤務時間内に仕事を終え、芸術鑑賞やスポーツを楽しむヨーロッパ型の生活スタイルが身についていたため、毎日が苦痛でした」

普通なら「食うためなら仕方ない」と流されてしまうものだが、斎藤氏は違った。3年後、千葉の市原工場内にあった石油化学技術部への異動を機に、社内外の技術者を巻き込んだ勉強会、落語同好会、テニスサークル、大規模日曜農園を次々に立ち上げ、活動に励んだ。

「アマチュア落語家としては『遊び亭一生』を名乗り、『技術者を“落伍”(落語)して』なんて駄洒落を飛ばしていました。実際、技術者の仕事に向いていないと実感し始めていました。仮説と実験、検証を繰り返す技術者には辛抱強さが求められます。一方、サークル活動は、テニスをやって爽快になった、落語を聞いて面白かったと、成果がすぐ表れる。それこそサービス業の本質ですが、そっちの方が性に合っていると思い始めていました。もちろん、仕事はきちんとこなし、結果を出していましたから、会社からのお咎めは一切ありませんでした」

こうした活動はいわば趣味の延長線上だったが、図らずも、お金が介在するビジネスに発展する。落語会をよく開いていた千葉市内の商業施設が斎藤氏の企画力に着目、「スペースが空いたのでタダで貸してもいい」と言ってきたのだ。

斎藤氏は申し出を受け入れ、そこに、当時ブームになりつつあった「カルチャースクール」をオープンさせた。ターゲットは主婦および女性とし、課目は華道、書道、アートフラワーなど。

これが当たった。1人だけ雇ったパートの事務員の給料どころか、家賃を支払うほどの余裕も生まれた。スクール名は後に「エコール・ド・ルネサンス(ルネサンスの学校の意)」と決まり、東京にも進出、銀座校の他に3つの分校ができる。

この仕事は斎藤氏にとって、いわば副業であり、厳密にいえば「就業規則違反」だった。だが、石油化学技術部から異動し、当時所属していた海外事業部の上司はスイス留学時代のメンターでもあり斎藤氏を変わらず評価してくれ、副業を黙認してくれていた。あまつさえ、同事業を大日本インキの社内ベンチャーにしようという斎藤氏の構想にも理解を示してくれた。

ルネサンスは生きがい創造企業

そこからフィットネスクラブにどう結びつくのか。運命とは面白いもので、斎藤氏の所属する海外事業部に、テニスで全日本クラスの腕をもつ青年が新卒で配属されてきた。斎藤氏は彼がコーチとしてアルバイトしていたテニスクラブに、クラブ運営について知るために、試しに通ってみた。2人は年の差を超えて親しくなる。

1年ほど経つと青年が「会社の仕事が面白くないから辞めたい。アメリカにテニスの勉強に行きたい」と相談してきた。斎藤氏にとって渡りに船の話だった。「テニススクール事業を考えている。君にぜひヘッドコーチになってほしい」と口説いた。

その頃、競争が激化し始めていたカルチャースクール事業からテニススクール事業への転換を図り、屋外とは違って主流ではなかったインドアの形態にすることを決めていたのだ。

問題は既存事業と無関係という点だ。経営陣からそこを突かれたら、どうしようもない。「唯一の接点が製造と販売に乗り出していたウレタン樹脂で、テニスコートの舗装やシューズの靴底に使われていました。そこで、企画書に、ウレタン樹脂の販売促進のため川下のインドアテニススクールに進出すべきだ、と書いたのです。まさに落語的企画書でした」

会社は幸いGOサインを出してくれた。事業の将来性を見抜いた英断といえる。1979年、斎藤氏が35歳のときである。子会社ができ、そこに出向することになった。

千葉市幕張に最初に作ったテニススクールは成功した。2カ所、3カ所と増えていった。当たりすぎると真似する会社が出て市場が駄目になる、という理由から、他との差別化を図るため、スイミングスクールやジム、スタジオを付設し、フィットネスクラブへの業態転換を推進する。

1992年6月、斎藤氏が社長に就任する。取り組んだのが、「生きがい創造企業」という企業理念の明文化だった。「自分の生きがい、社員の生きがい、お客様の生きがい、その3つを創造する場がルネサンスであると。ただ、お客様の生きがいという意味では、最近、中身が変化しています。高齢社会の到来を受け、お客様の3割近くが60代以上の高齢者になっており、レジャーという意味のスポーツ産業から健康産業に大きく舵を切りつつあるからです。病気にならない体づくりという意味の生きがい提供が大きくなっているのです」

社員の働きがいも追求

そんな斎藤氏が人材育成に積極的に乗り出したのは、2007年だ。しかも自社のみではなく、サービス産業とフィットネスクラブ業界を横断する人づくりである。

2007年5月、経済産業省が設置したサービス産業生産性協議会傘下の人材育成委員会のトップに選ばれたのがきっかけとなった。斎藤氏が主導して作りあげたのが、経営人材育成プログラム「知恵の場」。サービス産業の優れた経営者が自らの経験に基づいた講義を行い、それをもとに小グループで議論する内容だ。5回1セットで、2010年にスタート、この2016年で第10期となる。好評のため、2015年から、東京・福岡・京都と3地域で開催している。受講生のなかから講義する側に回る人も出ている。

2013年からは1年間12コマでサービスマネジメントやマーケティングに絞った講義を行う「サービス・フロンティア・ジャパン経営者フォーラム」もスタートさせた。メイン講師はサービスマネジメントに詳しい一橋大学大学院国際企業戦略研究科の藤川佳則准教授。

「うちでは役員教育の代わりに常勤取締役全員を受講させています。副読本や課題も多く、何よりサービス産業に属する他社の役員と知り合うことができ、いい刺激になります」

業界横断の取り組みとしては、2009年に業界誌の編集長と共に、「フィットネスベンチャーラボラトリー」を立ち上げた。業界経営者を対象にして2カ月に1度、勉強会を開いている。「私の経験からも、社内だけでやるより、こういうオープンな形にした方が、呼ばれた講師もしゃべりがいがあり、結果として良い話が聞けます」

いずれも上下関係のないコミュニティを作り、互いに切磋琢磨させている。過去の体験が大いに生きているといっていい。

Great Place to Work(R) Institute Japan が実施する2015年版「働きがいのある会社」ランキングで、ルネサンスは従業員1000人以上の大規模部門で15位となった。2013年は25位、2014年は16位と年々順位を上げている。社員にとって働きがいのある企業でなければ、顧客に生きがいなど提供できない。「生きがい創造企業」という理念が根付いている証左だろう。

「こうやって社外の活動に勤しんでいると、人が勝手に育っちゃうんですよ。そうしたら褒めまくるんです」と笑う。人を育てるのではなく、自ら開花させる。個を重視するルネサンス的価値観が会話の端々からうかがえたのであった。

【text :荻野進介】

※本稿は、弊社機関誌 RMS Message vol.41 連載「Message from TOP 経営者が語る人と組織の戦略と持論」より転載・一部修正したものである。
RMS Messageのバックナンバーはこちら



PROFILE

斎藤 敏一(さいとう としかず)氏
株式会社ルネサンス 代表取締役会長

1944年宮城県生まれ。1967年京都大学工学部卒業、大日本インキ化学工業株式会社(現DIC)入社。同年、スイス連邦工科大学へ留学、1969年に帰国。研究所、石油化学技術部、海外事業部を経て、1979年に健康スポーツ事業を企画し、ディッククリエーション(現ルネサンス)設立。1992年に社長に就任。2008年より現職。

お問い合わせはこちらから
WEBからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
[報道関係・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせ
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

記事のキーワード検索
Page Top