一般社員からの意識転換を促す新任基幹職研修 | MACP

基幹職(管理職層)への昇格者が、経営の一翼を担う存在として期待される役割を認識し、意識の転換をはかる研修です。

サービス名

MACP

対 象

新任マネジャー(部下の有無に限らず)

対応テーマ

管理職層のマネジメント力強化/キャリア自律

日 程

2日(宿泊)

推奨受講人数

15名

実施形態

・講師派遣

外国語対応

なし

実施料金

別途お見積もり。営業担当またはサービスセンターへお問い合わせください。

課題

●管理職層に昇格しても部下を持たない非組織長に、管理職層としての自覚を持ってほしい
●組織要請を認識し、新任基幹職としての意識・スタンスを固めてほしい
●事業推進・経営を担う基幹職として、主体的に組織・事業に貢献してほしい

概要・特長

基幹職の役割や、自らの状況を認識し、経営の一翼を担う事業推進の主体者として、組織・事業にどのように貢献していくのかを定めます。

1.基幹職に求められる意識・役割を自覚する
基幹職としての意識が問われる役割遂行場面を疑似体験し、「自分だったらどのように考えるか、決めるか」「実際の状況の中でどのように動くか」と考える中で、基幹職に求められる役割の実感と自覚を促します。

2.事業推進の主体者として、「貢献テーマ」を設定する
基幹職としての役割を認識し、自らの意思と責任で現場を改革・成長させて、全社的な業績・価値創造に貢献するためのテーマを設定します。

受講者の声

  • ●「仕事は変わらないかもしれないが、期待されていることはこれまでと違う。会社の代表としての自分の立場を自覚した」
    ●「要するに、自分が変えていく、自分がやっていくことなんだ、ということを自覚した。そのためにも、自分なりの信念や思いを持たなければならないことを実感した」
    ●「会社や職場、後輩のために自分にできることをやろうと思えたし、手本となるような存在になりたいと思う」

研修プログラム

下記は、本研修の標準的なプログラムとなります。

お問い合わせ

関連する記事

お役立ち情報

「サービス」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top