プロフィール

プレセナ・ストラテジック・パートナーズ
取締役CEO 創業者

高田 貴久(たかだ たかひさ)

経歴

世界最古の戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ジャパン)においてプロジェクトリーダー・教育担当・採用担当を努めた後、クライアントであった、マブチモーター株式会社へ転職。社長付 兼 経営企画部付・事業基盤改革推進本部 本部長補佐として、改革を推進。ボストン・コンサルティング・グループを経て、2006年に株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズ設立。

トレーナーとして大切にしていること

「あなたに言われたくない」と言われてしまったら、講師はおしまいです。「教える」とは、人の前に立つこと。自分自身が努力し、成長することは、大前提。
その上で、時間が限られたクラスの中で、いかに受講者と信頼関係を構築し、本音で議論が出来る環境を作るかが、クラス運営の鍵だと考えています。自分の講師スタイルを一言で言えば「レシーバー」です。
相手に気付きを与えるためには、相手の発言を拾い上げ、解釈し、意味を問い直す方が、効果的であると自分は考えています。しっかり納得して考えさせる。これが私の方針です。

著書・講師暦

■著書
・「ロジカル・プレゼンテーション」(英治出版)
・「問題解決」(英治出版) など

■執筆暦
・「ファクトベース思考」「コンセプト思考」(東洋経済Think!)
・「論理思考トレーニング」(日経ビジネスアソシエ)
・「論理思考」「仮説思考」(プレジデント)
・「コンサル活用の光と影」(週刊ダイヤモンド) など

■講師暦
・東京大学 PBI教室コロキウム 「ロジカル・プレゼンテーション」
・立教ビジネスクリエーター塾 「ロジカル・プレゼンテーション」
・九州大学 起業家ゼミ 「キャリアチェンジについて」
・早稲田大学 キャリアセンター 「物事を深く考えるプロセス」
・京都大学 知的生産マネジメント概論 「論理思考」 など

座右の銘

「初心生涯」
私は中高一貫の仏教の学校に通っていましたが、その中の教えで出てきた言葉です。いくつになっても、どんな立場になっても、初めての時の気持ちをずっと忘れず謙虚な姿勢でいることの大切さを物語っています。

尊敬する人物

「馬渕隆一」
私が前職でお世話になったマブチモーターの創業者です。
標準化戦略により非常に高効率・高収益な会社を構築されたのは有名ですが、「適材適所」「日頃は麦飯」など、独自の経営観を多数学ばせて頂きました。

趣味

「釣り」。房総半島に係留してある船で海に出るのが最大の楽しみです。
都会の喧噪から離れ大自然の中でリフレッシュ出来るのはもちろんのこと、潮の流れ、風向き、海底の地形、エサの種類、魚の習性……と枚挙に暇がないほどの要素を勘案しながら釣果を出す戦略性が楽しみです。

Page Top