プロフィール

人材開発トレーナー

佐山 享志(さやま きょうし)

経歴

1962年生まれ。1985年銀行に入行。営業店3ヵ店の現場で営業・融資業務を担当。企業支援の関連会社において経営診断やコンサルティングに携わり、取引先企業の業績向上に貢献する。その後、融資部等の4部署でマネジャー。2002年、リクルート(現 リクルートマネジメントソリューションズ)の人材開発トレーナーとなり、現在に至る。メーカー・金融機関・IT などの業界を担当している。

座右の銘

一つ 直球でいく。
一つ 自分の周りで起こっていることは自分に起因している。それをどう捉えてどう行動するかは自分次第。

趣味

沖縄でのんびりすること(なかなかできませんが)。一人娘と行く銀ブラ(こちらは年に数回程度)。そしてなぜか、韓流ドラマ(毎日?)にはまっています。

トレーナーとして大切にしていること

受講者が可能性の光を見出した時の、表情が変化する一瞬を大事にしたい。その時の訪れを信じて、粘り強くサポートしたい。

トレーナーになったきっかけ

キャリアの第1ステージでは、企業の資源(ヒト・モノ・カネ)のうち「カネ」の分野から企業成長を支援する仕事に携わることができた。第2ステージでは、「ヒト」の分野から企業の成長を支援していきたい、それとともに自分も成長したいと思った。また、17年間一つの業界で培った自分の力を、以前から強い関心のあった「人材開発」という新しい分野で試したかった。

Page Top