見えないものを、見よ。

SCROLL

NEWS

INTRODUCTIONINSIDESについて

イメージ

働き方改革の先へ。
多様な個と向き合う時代へ。

これまでの人事施策は、
全従業員を対象にした、全体一律のアプローチ。
それは本来、多様であるはずの従業員を均一に扱うものでした。
一方で「女性活躍推進」や「働き方改革」に象徴されるように、
時代の流れの中で、働く「個」の多様化はますます進んでいきます。
一人ひとりが抱える多様な現実と向き合い、
いかに一人ひとりの力を発揮・集結させていくのか。
働き方改革の先にあるもの。それはマネジメント改革なのです。

CONCEPT MOVIE

変化の矢面に立つのはマネジメント。
人事の役割は「現場支援」へ。

INSIDES SURVEY(インサイズサーベイ)は、
マネジャーが、メンバーと同じ立場に立ち、
共に変化に向き合っていくための共感型マネジメント支援ツールです。
自分たちが育ってきたころの常識が通じない。
これまでアタリマエと信じてきたやり方や習慣を変えなくてはならない。
自分とは「何か」が違うが、「何が違うかよくわからない」他者と向き合うことは
誰にとっても心的負荷が高いもの。
「あなたがそう感じるのは、よく分かった。
もし私があなたの立場でも、そう思うだろう。だから、一緒に考えよう。」
そういう状況だったら自分自身も同じように感じると思えた時、
メンバーと共に考える、一人ひとりの多様な現実に向き合うマネジメントが始まります。

SOLUTIONサービス紹介

組織コンディションを平均化して捉える、
100人均一マネジメントから、
一人ひとりにとっての現実と向き合う、
100人100色マネジメントへ。

これまでの組織診断サーベイは、従業員の意見を匿名で集め、平均化して、組織スコアや職場課題をデジタルに捉えようとするものでした。

INSIDES SURVEYは、一人ひとりの内面 =【ワーク・メンタリティ】に着目し、一人ひとりがどのように感じているのかを描き出します。従来型の組織診断よりもメンバーが”真に言いたいこと”がずっとよく分かることが特長です。

マネジャーとして、組織全体の課題や不満に向き合うことは不可欠ではありますが、誰の意見かが見えない中で結果に向き合うことは、マネジャー自身にとっても負荷が高いことです。

チームで成果を上げていくために、より良い組織をつくっていくために、一人ひとりがより良い状態で仕事に臨んでもらう。そのために、どのようにコミュニケーションを取っていくと良いのか。INSIDES SURVEYは、そんなヒントを提示するサーベイです。

よくある組織診断
  • イメージ

    匿名アンケートにより
    メンバーの意見を収集

  • イメージ

    メンバーの声を
    集計・平均値化し
    全体の傾向をつかむ。

  • イメージ

    マネジャーは、
    職場全体の課題や不満を掴むことができる。
    その改善に向けた対応策を検討する。

  • イメージ

    マネジャー同士が集まる場では、各自が課題認識を共有し、アクションプランを宣言する。
    アクションは、各自のペースで行う。

  • 診断
  • 把握
  • 検討
  • 対応
INSIDES
  • イメージ

    匿名ではなく、
    記名アンケートを通じ、
    ひとり一人の心理状態を測定

  • イメージ

    メンバーの声を平均化せず、
    ひとり一人の見えない内面を
    浮き彫りにする。

  • イメージ

    マネジャーは、
    一人ひとりが見ている視界や課題を
    捉えることができる。
    すると、一人ひとりにどのように関わっていくか、イマジネーションが湧いてくる。

  • イメージ

    マネジャー同士が集まる場では、
    一人ひとりのメンバーごとの心境について共有し、相互にアドバイスし合う。
    研修が終わった後も、職場を越えた相互支援が続いていく。

  • point 1
    POINT1

    平均得点」ではなく
    一人ひとりの声」を捉える

    「そんな風に感じていたのか・・」
    一人ひとりの感じていることが
    それぞれに浮かび上がる診断だから、
    マネジャーが取る打ち手が具体的になる。

  • point 2
    POINT2

    上司から見た「外面(Outside)」と
    メンバーの「内面(Inside)」の
    ギャップを示す

    「そんな風に思っていたの!?」
    メンバーとマネジャーに認識の食い違いがあるから、
    コミュニケーションがすれ違う。
    それがよく分かるから、マネジャーの腑に落ちる。

  • point 3
    POINT3

    メンバーが
    何に不満があるか」だけでなく
    どんな背景でそう感じているか」
    を映す

    「確かに、そういうところあるな・・・」
    同じ不満を口にしていても、
    どんなことが気になる性格かによって
    取るべきコミュニケーションは変わってくる。
    それが分かるから、マネジャーがより個別に合ったコミュニケーションを取れる。

SPECIAL CONTENTS特集記事

お困りのことがございましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちら