若手の小粒化問題を考えるこれからの時代に必要な若手育成の考え方と処方箋

開催場所 WEB 開催日程 6月6日、 6月23日、 7月4日、 7月28日
対象者 ※本セミナーは、若手(新人卒業〜中堅手前)の研修の見直しをご検討されている法人・組織のご責任者様、ご担当者様を対象としております。

コロナ禍がもたらした職場内コミュニケーションの変化と、若手社員の成長に及ぼす影響 をどう捉えるべきなのか。そして今日的な環境を前提にしたときの「若手育成のポイント」 「具体的な研修施策」「実践事例」をご紹介します。

残席確認・お申し込み

このセミナーでわかること

・コロナ禍がもたらした職場内コミュニケーションの変化と、若手社員の成長に及ぼす影響

・3時間×3回の分散型オンラインセッションの特徴

・若手(新人卒業〜中堅手前)層での実施事例

開催日・日程

詳細

コロナ禍がもたらした職場内コミュニケーションの変化と、若手社員の成長に及ぼす影響についての見解をご紹介すると同時に、その一つの解決策として、コミュニケーションエンジニアリングが提供する分散型オンライン研修の若手(2年目〜4年目)向けシリーズのコンセプト、概要、実施イメージをご紹介します。

リモートワークが続く中で育った今の若手社員に一体何が起きているのか?

職場という機能が機能しづらくなった中で育つ若手におきているのは
「自発性・協働性を育む安心感・信頼の低下」と「視野狭窄」現象。

従前より自社の若手に、より一層の自律性・協働性の発揮を望む声が聞かれていましたが、
それを発揮することが極めて難しい環境に直面しています。

多くの若手社員にとっては、
・同世代の同期が、どんな思いで何に取り組んでいるのかわからない〜自分のレベルも図りづらい
・お客様・同僚・他部署で働く人・・・関わる人が本当のところ何を考えているのか、何を悩んでいるのかよくわからない・確信が持てない。
・自分の目の前の仕事が全社・業務フロー・自部門の中で、どんな意味をもつのか実感が持ちづらい

もとより自分の考えの視野の狭さにも気づきづらい、手の内で仕事をしていることにも気づきづらい
そのような環境だということです。

しかし若手の当人たちの中には、
様々ではありますが、「もっと成長したい。」「このままでいいのか?(このままではダメだ)」「もっと前のめりで仕事がしたい」という思いが間違いなくあります。
しかし、どうしたらいいのかわからない。
この、均衡状態にも見えるその状態こそが、今の多くの企業の若手の状態だと思います。

私達は、「それじゃダメだ」と問題指摘するアプローチをとりません。
若手の思いに火をつけ、狭くなりがちな視野・視界を広げます。そして明日からの自分を選択してもらうこと。
それがコミュニケーションエンジニアリングのアプローチです。

本セミナーでは彼らの中にある思いに火をつけるアプローチとは?どのように?
そして実際にどんなことが起こるのか?
その考え方・方法論、結果を具体的な事例をもとに、ご紹介させていただきます。

講師プロフィール

2022年5月25日 シニアコミュニケーションエンジニア 日下部文有(くさかべぶんゆう)
2022年6月 6日 シニアコミュニケーションエンジニア 鈴木欧帆(すずきようほ)
2022年6月23日 コミュニケーションエンジニア 河村卓治(かわむらたくや)
2022年7月 4日 シニアコミュニケーションエンジニア 鈴木欧帆(すずきようほ)
2022年7月28日 コミュニケーションエンジニア 今泉昂大(いまいずみこうた)

開催日程

ご希望の日時を選び、「お申し込み」ボタンを押してください。
開催場所・開催月を選択すると、その条件に合ったセミナーが表示されます。
※お申込み締め切りは、開催2日前までとなります。
※海外在住の方の無料セミナーご参加はお断りしております。申し訳ありませんがご了承ください。

開催場所

WEB

開催月

5月 | 6月 | 7月

申し込みリスト一覧へ

※申し込みリストにいれた複数のセミナーをまとめてお申し込みいただけます。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

スケジュール一覧をダウンロード

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)