働き方が変化する中で、組織への求心力を高めるためには組織の状況と課題を見える化し解決につなげる、社員意識調査の活用ポイント

対象者 ・人事企画・経営企画部の責任者、および担当者の方
・社員意識調査の導入を検討頂いているもしくは社員意識調査に関心のある方
・社員意識調査を導入しているが、うまく活用しきれていないと感じている方

環境変化による働き方の変化、ISO30414など人的資本の情報開示の流れなどから、社員意識調査への関心が高まっています。
本セミナーでは、組織の現状を適切に把握し、課題解決につなげるために、社員意識調査を有効に活用していくコツをご紹介します。

このセミナーでわかること

社員意識調査を実施したときのよくある問題と対応策

社員意識調査の効果的な活用方法と導入事例

弊社サービス(ESサーベイ2、オリジナル組織診断サーベイ)のご紹介

詳細

環境変化による働き方の変化、ISO30414など人的資本の情報開示の流れなどから、社員意識調査への関心が高まっています。
一方で、導入を検討されている多くの企業様から

「結果をどのように分析・解釈すればよいかわからない」
「社員意識調査を実施したが、課題設定や施策につなげられなかった」
「経営や現場に結果をどうフィードバックすればよいかわからない」
など、様々な相談をいただきます。

これらの問題の多くは、実施前の段階で調査の企画・設計が不十分であることに起因しています。

本セミナーでは、弊社の社員意識調査支援の豊富な実績(2020年度導入実績54社、回答者56,000名)を元に、調査結果を有効に活用するコツをご紹介します。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

スケジュール一覧をダウンロード

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)