〜現場が『自律的に考えて動く』風土づくりに向けて〜従業員意識調査を活用した「働きがい」向上

対象者 Great Place to Work(R)の調査導入をご検討いただいているお客様
従業員の力を引き出し、会社を変革していくことの必要を感じているお客様

「指示待ち」「ぶら下がり」型人材が多い組織では、生き残ることが難しい時代。自律的に動く風土づくりには「働きがい」が必要です。本セミナーではなぜ「働きがい」が必要なのかや、 「働きがいのある会社」調査の内容・導入事例についてお話しします。

このセミナーでわかること

「働きがい」を高める重要性と従業員にもたらすポジティブな効果

「働きがいのある会社」調査・ランキング概要

導入事例

プログラム

●なぜ 「働きがい」が必要なのか
●「働きがいのある会社」とは
●「働きがいのある会社」調査・ランキング概要
● 導入事例のご紹介

※ランキング参加には、従業員25名以上の従業員が在籍すること、その他各種条件がございます。
詳しくは留意事項をご確認ください。

詳細

マーケットの変化が激しく、正解のない今日においては、「指示待ち」、「ぶら下がり」型人材が多い組織では、企業は生き残ることが難しい時代となりました。
一人ひとりが自分の持てる力を高め、自律的に動く風土をつくることで企業競争力を高めることが不可欠です。
私たちはそのためのキーワードが「働きがい」であるとか考えています。

本セミナーでは世界約60カ国で「働きがい」に関する調査・研究を行ってきたGreat Place to Work(R) Instituteの日本法人(GPTWジャパン)代表である岡元より、
なぜ「働きがい」が必要なのか、「働きがいのある会社」とは何なのかについてお話します。また、「働きがいのある会社」調査・ランキングの内容や導入事例についてもご紹介します。

このセミナーは、
Great Place to Work(R) Institute Japan(株式会社働きがいのある会社研究所)
および株式会社リクルートマネジメントソリューションズ共催セミナーとなります。

■「働きがいのある会社」 Great Place to Work(R) Institute とは?
Great Place to Work (R)Instituteは、「働きがい」に関する調査・分析を世界約60カ国で実施している世界最大級の従業員意識調査機関です。
一定の水準に達した会社や組織をベストカンパニーに選定し、各国で「働きがいのある会社」ランキングとして発表しています。
企業知名度、企業イメージ、企業ブランド価値の向上をはじめ、採用活動や株価、売上など収益にも大きな効果をもたらすものとして、高い評価をいただいています。
https://www.hatarakigai.info

講師プロフィール

Great Place to Work(R) Institute Japan 代表 岡元 利奈子
大学卒業後、人事測定研究所(現リクルートマネジメントソリューションズ)入社。
営業職を経験後、人事コンサルタントとして、人事制度設計・多面評価制度・採用選考設計・従業員意識調査などを行う。
その後、海外現地法人に出向し、コンサルティングビジネスの立ち上げ支援、新サーベイ開発のプロジェクトリーダーなどを経験し、2014年より現職。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

スケジュール一覧をダウンロード

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)