大手金融・製薬・メーカーを始め、多くの企業が導入!女性活躍推進のためのソリューション「ビジョナリー・ウーマン」プログラム説明会

対象者 経営・人事・人材開発・ダイバーシティ推進室のご責任者様

※本セミナーは、研修導入をご検討いただいている法人・組織のご責任者様、
ご担当者様を対象としております。
導入検討以外の目的でのご参加はご遠慮くださいますようお願いいたします。

社内外の環境変化が激しい昨今、ビジネスパーソンにとって、自身のキャリアデザインを考えることは
大切なことです。 特に女性にとっては、ライフイベントや企業からの期待値の変化等とまどうことも少なくありません。
本セミナーでは、自分自身の人生を考えることで、キャリアを自分ごととして捉えるきっかけ作り
「ビジョナリー・ウーマン」をご紹介します。

このセミナーでわかること

女性社員のマインドに焦点をあてて、主体性を引き出すアプローチ方法

プログラム

■このような課題はありませんか?
・女性社員にも主体的に業務に取り組み、周囲にもっと影響を与えてもらいたい。
・ただ、仕事をこなすだけでなくキャリアアップを目指してほしい。
・現在の処遇や役割に満足することなく、問題や課題に対して積極的に関わり、
 自分の枠から一歩踏み出してほしい。
・後輩に良い影響を与えるような人材になってほしい。

詳細

企業における女性活躍の取り組みは、人事制度の変更や子育て支援の取り組みなど、
仕組みを変えることも大切です。
しかし、女性自身の意識が変わらないことには、女性のために作った仕組みも生かされないのです。
「会社が・・・」「上司が・・・」「家族が・・・」「社会が・・・」と不平不満を言うのではなく、
自分自身が変わることの重要性に気付くことが、女性活躍推進の第一歩です。

「ビジョナリー・ウーマン」プログラム概要

日本企業は団塊世代の大量退職や少子化傾向に向けて、より良い人材の確保とともに
これまで教育投資をしてこなかった女性社員に大きな期待を寄せるようになりました。
さらに大手企業ではダイバーシティ・マネジメントの一環で「女性活躍推進」も大きなテーマとして掲げ、
特別プロジェクトの発足や人事制度改定など具体的な取り組みも始まっています。
しかし、同時に重要なのはそこで働く女性社員自身の意識の向上です。
そこで女性向けに開発されたのが「ビジョナリー・ウーマン」です。

「ビジョナリー・ウーマン」の詳細はこちらへ

※本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズが
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社から販売を委託されているプログラムです。
※本セミナーはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
※「7つの習慣」他、商品名は、米国フランクリン・コヴィーおよびフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。
※本セミナーは、開催3日前の正午にてお申し込みを締め切らせて頂きます。
(申し込み締切日が土曜・日曜・祝日の場合は、その前営業日がお申込み締切日となります)

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top