経営者セミナー〜実践事例発表〜受身体質からの脱却

対象者 社長ならではのご意見・ご理解をいただきたく、ご参加は社長に限らせていただきます。
※恐れ入りますが対象外の方のご参加はお断りさせていただきます。

「うちの社員は指示待ち」「危機感が足りない」「ぬるま湯に浸かっている」など、会社・職場・社員の「受身体質」という問題は、多くの経営者の方が抱えている悩みです。本セミナーでは、この問題に直面している皆様に解決の糸口、ヒントをご紹介します。

このセミナーでわかること

「受身体質からの脱却」をめぐる問題の捉え方と処方箋

詳細

「うちの社員は指示待ち」「危機感が足りない」「ぬるま湯に浸かっている」
「新しいことにチャレンジしない」
表現は様々ですが、会社・職場・社員の「受身体質」という問題は、多くの経営者の方が抱えている悩みです。
そして、その解決に向けて、様々な手を打っているが改善されない。あるいは、一時は良くなっても、すぐに元の状態に戻ってしまう。
そんな問題を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

この問題は一朝一夕に解決できるものではなく、さまざまな手を尽くしていく必要があります。

わたくしどもは、1996年のサービス開始以来、多くの経営者の皆様とこの問題の解決に取り組んで参りました。
今回のセミナーでは、「受身体質からの脱却」の症状、原因、対策に対する独自の見解、事例を共有させていただき、この問題に直面されている皆様に、解決の糸口、ヒントをご提供できればと思っております。


以下の項目の中に思いあたることがありましたら、是非ご参加ください。

■言われたことはちゃんとやる。しかし、それだけではこの先通用しない。

■戦略は示した。必要性も繰り返し説いている。でも、相変わらずやらされ感。
意思や危機感を感じない。できない理由ばかり挙げてくる。

■自分だって正しいことを言っているかどうか確証はない。大きな方向性は出せても、それ以上はわからない。だから、意見を求めているのだが、何も言ってこない。

■きれいな計画はつくるが、実践が起きない。机上の空論。絵に描いたもち。
言われたからつくったもの。毎年同じことの繰り返し。

■途中で口を出すと、それ一辺倒になり、こちらの顔色を伺うようになる。だから口も出せない。

■幹部や部門長同士、互いに踏み込んでいない。問題に直面したら、当事者達で議論、連携して乗り切っていって欲しい。

■決めたことはやりきって欲しいが、直ぐに諦めてしまう。もう一歩踏み込んで行動できたら、次の展開が開けたのに・・・。

■教育、研修・・・一時は良くなるが、長くは続かない。元の木阿弥。

■特に次世代を担う中堅・若手が物足りない。もっとチャレンジして欲しい。

■どうせ仕事をするなら、主体的にやって欲しい。そういう風土をつくっていきたい。

講師プロフィール

6月3日開催
伊藤 智尚(いとう ともひさ)
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
シニアコミュニケーションエンジニア

7月9日開催
大久保 壮一(おおくぼ そういち)
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
コミュニケーションエンジニア

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

スケジュール一覧をダウンロード

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)