業績を上げ続ける営業組織をつくる営業マネジメント力強化セミナー

対象者 営業マネジメント力強化をお考えの、営業部門、企画部門、人事部門の御責任者様

営業組織を業績向上に導くためには営業マネジャーのマネジメント力が肝になります。営業マネジメント力向上に必要なマネジメント層の「課題の特定〜強化手法」とマネジャーを支援する「しくみの構築」により、成果を創出する方法を事例を交えご紹介します。

このセミナーでわかること

営業マネジメント力強化をお考えの、営業部門、企画部門、人事部門の御責任者様

プログラム

(予定)
・「営業マネジメント力」強化における課題
・営業マネジメント力強化における弊社の課題の見立て
・営業マネジメント力強化事例のご紹介
・プログラム紹介(一部体験を含みます)

詳細

弊社にご依頼いただく営業組織の業績向上に関する課題の多くは、営業組織の事業推進力の発揮状況‐つまり営業マネジャーの能力の発揮状況‐に起因するものが多く、共通のポイントがあることが分かってきました。
それは、営業マネジャーは日々の業務に追われる中で、営業マネジャーの3つの役割「戦略立案」「プロセスマネジメント」「メンバー育成」において、能力を発揮できない状態になっていることです。
営業マネジメント能力を発揮し業績向上につなげていくには、組織全体で「営業マネジャーの能力向上施策」へ取り組み、並行して、忙しい「営業マネジャーを支援するしくみ」を構築していく必要があります。
今回は、その背景にある要因を分析し、営業マネジャーの能力が発揮できるための施策について、実際の事例を使ってご紹介いたします。

講師プロフィール

講師名:和田康裕(わだやすひろ)
プロフィール:小社 企画開発部 主任研究員。
リクルートで人事部、就職情報誌事業部を経て、1993年に営業教育部門を立ち上げ、現在に至るまで主に営業系の教育・研修のトレーナー、商品開発、トレーナー養成、営業、コンサルタント等を経験。
1998年「STAR」マスターインストラクターの資格を取得後、日本国内に多くのSTARインストラクターを養成。
金融、自動車、IT・通信、メーカー、サービスなど様々な業種、業界で数多くの研修プログラムを開発、実施してきた。
現在は、これまでの経験を活かし営業強化領域の商品開発に従事。

セミナー参加者の声

  • 「営業マネジメント」が推進していない要因について「戦略立案」「プロセスマネジメント」「メンバー育成」というフレームにわけて考えることができた。社内でもこのフレームで議論してみたい。
  • これまでは営業マネジメントの課題を「仕事の側面」のみで考えており、メンバー育成の視点についてはあまり考えられていなかったことに気がついた。
  • マネジメントに関しては今まで多くのの施策を実施してきたが、真の課題に手をうっていたのか振り返りたい。営業組織強化という観点でも考えなくてはいけないと思った。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top