経営者セミナー〜実践事例発表〜合併・統合のカギ〜“経営陣の融和”実現に向けて〜

対象者 社長ならではのご意見・ご理解をいただきたく、ご参加は社長に限らせていただきます。
※恐れ入りますが対象外の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

企業・組織の合併統合の成否を握る大きなカギの一つは合併-統合実施後の「社長(トップ)を含めた経営陣の融和」であると考えます。
当日は本テーマについての私どもの診断・処方と解決策及び具体的な成果を事例を交えてご紹介します。

このセミナーでわかること

「経営陣の融和」の滞りが引き起こす諸問題

経営陣の融和・実現に向けて、私どもの診断・処方・解決策

具体的成果事例

詳細

事業の持続的な発展・成長の手段として、“企業・組織の合併ー統合”は近年の日本企業においても珍しいものではなくなりました。
しかし、論理的には正しいであろう合併ー統合のその後の状況を見るに、検討時に想定した成功に到った事業はそう多くありません。
それはなぜでしょうか?
原因は様々ですが、成功のストーリー・シナジーの創造に向けて、
組織が一丸となって実践していく状態を作り切れなかったということが大きな問題とされています。
旧組織のしがらみや既得権、考え方や方法の違い、それらを乗り越えて組織が一丸となっていくには、
まずは、経営ボードが一枚岩になることです。

私どもは、ここ数年経営陣の融和に向けての相互信頼関係づくりを、当該企業の経営者と共に取り組んで参りました。
そして、その取り組み実績も、日本を代表する企業を中心に、10社を超えるほどになってきております。
取り組ませていただいた企業では、経営者はもちろん、当初この取り組みに決して前向きではなかった役員や幹部の方々も、
サービス終了後には、大変喜んでいただく結果となっています。

今回のセミナーでは、企業・組織の合併-統合における経営陣の融和について、
私どもの 診断・処方と解決策及び具体的な成果を、事例も含めて発表させていただきたいと思っています。

□1年経ってもシナジーが生まれない
□互いの領域に踏み込もうとしない
□自分も含めた経営陣の信頼関係を構築したい
□表面的には仲が悪いわけではないのだが、もう少し率直にコミュニケーションできるようになりたい
□話し合っているといいながら、部下任せで役員同士は関わろうとしない
□お互いを理解し、尊重し、打ち解ける。そういうことを早期に実現したい


といった問題意識を持たれている経営者にはお役に立てると存じますので、
ご多忙のところ 誠に恐縮ではございますが、是非ともご参加賜りますようよろしくお願い申し上げます。

講師プロフィール

伊藤 智尚(いとうともひさ)
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
シニアコミュニケーションエンジニア

セミナー参加者の声

  • 論理局面、経済局面ではない、人間の本質的な部分での融和を目指しており大変良い話であった。
  • 合併・統合という切り口はもちろん、経営層の融和、統合される側の社会に対するアプローチは参考になった。

関連するテーマ

関連する記事

お役立ち情報

スケジュール一覧をダウンロード

「無料セミナー」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)