プロフィール

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 ファシリテーター

武藤 たか江(むとう たかえ)

経歴

大学卒業後、チェース・マンハッタン銀行にて人事全般を担当後、1988 年、人事部スーパーバイザーとしてサン・マイクロシステムズの日本における立ち上げに携わる。主に採用・研修を担当し、企画・プログラム作成・講師を自ら務め、社内教育体系を確立する。
1996 年、人事コンサルタントとして独立し、さまざまな業種の企業において、新入社員から経営層まで幅広く人材開発に従事する。

その一方で、2006年よりフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社ファシリテーターとして主に『7つの習慣(R)』をはじめとするリーダーシップトレーニングや女性活躍支援プログラムに携わる。

また、大学講師として、次世代の人材育成にも力を注いでいる。

座右の銘

「忘己利他」 
利己中心になりがちなとき、利他の精神に引き戻してくれる言葉です。
人と分かち合う、信じ合う、高め合うという理想のありたい姿でもあります。

趣味

旅行(特に古都散策)、娘とのショッピング

トレーナーとして大切にしていること

人がイキイキと楽しくやりがいを持って生きるには、自らミッションを想い描き、「昨日より今日、今日より明日」と目標に向かって行動することが大切だと思います。やらされるのではなく、自分から選択して始めるインサイド・アウトの考え方を大切にしています。研修では一人ひとりとの出会いを大切にし、心に「小さな灯をともす」ことができたら幸せです。

トレーナーになったきっかけ

外資系の会社で人材開発をしていたときに、アメリカ本社での研修に参加し、
座学ではなく、双方向で問いかけながら深い考えを導き出す
ファシリテーションに出会い、感銘を受けました。表面的な学習ではなく、
受講者同士が響き合い、真の気づきを与えられるトレーナーになりたいと
思い、今もチャレンジを続けています。

Page Top