プロフィール

人材開発トレーナー

太田 浩(おおた ひろし)

経歴

1984年(株)リクルートに入社。営業職に就き、マネジャー職を含めて14年間営業に携わり、98年より(当時はリクルート、現リクルートマネジメントソリューションズ)のトレーナーとなり現在に至る。自分自身の経験も活かした営業系研修を主たる担当としている。銀行・証券・保険といった金融業界の実績が多くある。エリアとしては、北海道から九州まで日本中を駆け回っている。

座右の銘

受講者の皆さん一人ひとりの個性を認めること

趣味

鉄道旅行

トレーナーとして大切にしていること

座右の銘でも書きましたが、個性を認め合い、それぞれの仕事においてその個性がよりプラスに発揮できるような機会を提供していきたいと思っています。ソーシャルスタイルは4つのタイプに分かれますが、人間を4つのタイプに押し込めようというものではありません。

トレーナーになったきっかけ

営業時代、経験とカンで成功していたことがありましたが、それには限界があり、全く自分のやり方が通じなく失敗してしまいました。その体験をもとに、なぜうまくいったのか? どうして失敗したのか? ということを体系的に整理し、自分と同じ悩みを持った人にわかりやすく伝えていきたいと思ったからです。また営業職時代から教育に関心があり、マネジャーになってからは特に興味を持つようになったこともきっかけのひとつです。

Page Top