研究員のご紹介

入江 崇介

技術開発統括部
研究本部
HR Analytics & Technology Lab
所長

入江 崇介

(いりえ しゅうすけ)

経歴

2002年HRR入社。アセスメント、トレーニング、組織開発の商品開発・研究に携わり、現在は人事データ活用や、そのための測定・解析技術の研究に従事する。
日本学術会議協力学術研究団体人材育成学会常任理事。一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会上席研究員。昭和女子大学非常勤講師。新たな公務員人事管理に関する勉強会委員。

著書・共著

人事のためのデータサイエンス―ゼロからの統計解析入門―』(中央経済社 2018年6月)
ピープルアナリティクスの教科書 組織・人事データの実践的活用法』(日本能率協会マネジメントセンター 2020年5月)
人事データ活用の実践ハンドブック』(中央経済社 2021年5月)
人事のためのデータサイエンス―ゼロからの統計解析入門―』(中央経済社 2018年6月<単著>)

論文

入江崇介・佐藤裕子 (2022). ウェブ調査におけるモニター回答行動の探索的確認―リッカート形式と複数回答形式の双方の回答に着目して― 日本行動計量学会第50回大会発表論文抄録集.
入江崇介 (2018). 2030年の労働環境と民間企業における働き方改革の取組み 電子情報通信学会誌, 101(5), 429-433.
入江崇介 (2012). 経営人材育成の効果に影響を与える要因の検討-従業員数1000名以上の企業を対象とした実態調査のデータをもとに- 経営行動科学学会第15回年次大会発表論文集.
入江崇介・福山亜紀子 (2012). 組織要因に関する認知と従業員満足との関係についての検討 産業・組織心理学会第23回大会発表論文集.
入江崇介・鷺坂由紀子・舛田博之・二村英幸 (2005). 多面観察評価における上司・同僚・部下の評定結果の統合について~多変量一般化可能性理論による一般化可能性の検証~ 日本テスト学会第3回大会発表論文抄録集.
入江崇介・鷺坂由紀子・舛田博之・二村英幸 (2004). 多面観察評価手法の特性に関する検討 ~一般化可能性理論によるアプローチ~ 日本テスト学会第2回大会発表論文抄録集.

執筆した記事

もっと見る