持続的成長企業の研究 業績を高める組織能力と組織・人材マネジメント調査2009

「業績を高める組織能力と組織・人材マネジメント調査2009」の実施概要は下表のとおりです。
本報告書では、組織能力や経営資源が、どのように関係しあって業績を高めているのか、その構造を明らかにしていきます。
なお、調査内容は、リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所が、一橋大学名誉教授である野中郁次郎氏の監修のもと行ってきた「持続的成長企業研究」をベースにしています。


調査概要

調査結果サマリー

企業の業績を高めることに組織能力が関係していること、その組織能力は「ビジョン共有力」「実行変革力」「知識創造力」の3つで構成されていることが明らかになりました。そして、この組織能力をどのような経営資源( 「経営トップ」「中間管理職」「一般社員」「組織風土」 )および組織・人材マネジメントが高めているのか、その要件について確認されました。

全体報告書(5.1MB)

目次

I . 調査概要

II . 回答企業プロフィール

III . 調査結果の構造

IV . 調査結果サマリー

V . 業績と組織能力の関係

VI . 業績を高める組織能力の特定

VII . 組織能力と経営資源との関係

VIII . 業績を高める組織能力を強化する源泉

 【1】ビジョン共有力

 【2】知識創造力

 【3】実行変革力

IX . 経営資源を支え、組織能力に働きかける組織・人材マネジメント

データ集

属性別一覧(257KB)

業種別グラフ_メーカー系(303KB)

業種別グラフ_非メーカー系(1)(300KB)

業種別グラフ_非メーカー系(2)(288KB)

業種別グラフ_金融系(303KB)

関連する記事

関連する調査・研究

ピックアップ

[報道関連・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせはこちらから
「この記事」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

記事のキーワード検索
Page Top