新人・若手の意識に関する調査を発表
「将来は明るく、希望がもてる」と答えた新入社員は、わずか2割

2014年03月12日

企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥本英宏)は、「新人・若手の意識と学習・キャリアに関する調査2013」を発表しました。

今回は、「新人・若手の意識」を中心にご報告いたします。

本調査は2010年に続く2回目で、「2013年入社の新入社員」との経年比較
で海外志向や管理職志向、仕事の上で重視することなどを調査・分析
しています。

--〔リリース本文〕----------------------------------------------------

 2013年新入社員の海外志向・管理職志向を3年前と比較
 「将来は明るく、希望がもてる」と答えた新入社員は、わずか2割

 ■本文
  http://www.recruit-ms.co.jp/pdf/shinwaka2013.pdf

--〔主な調査結果〕----------------------------------------------------

◆将来の見通しは明るい、と希望をもっている新人はわずか2割

◆海外志向のある新人は約3割
→海外で働きたいと答えた新人においては、5年以上の長期赴任を希望する
 割合、どのような国や地域でも働きたいと希望する割合が微増。

◆管理職志向がある新人は、2010年55.8%→2013年45.0%と、減少傾向

◆年功による昇格・昇給を支持する新人は4割強

◆終身雇用を望む新人は7割強。2010年・2013年で大きな差は見られない

 ※詳細はリリース本文をご覧ください。
 ※本調査冊子をご希望の方は、こちらのお問い合わせフォームで、「新人・若手の意識と学習・キャリアに関する調査2013」と明記の上、貴社名、お名前/役職、連絡先をご記入・お申し込みください。折り返し、弊社よりご連絡させていただきます。

--〔関連調査・コラム〕-----------------------------------------------

 ■前回調査「新人・若手の意識と成長に関する調査2010」
  
 ■トレーナーコラム「今年の新人」という幻影
  
 ■特集「ゆとり世代の新入社員は何を求めているのか?」
  
  
----------------------------------------------------------------------

[報道関連・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせはこちらから
「プレスルーム」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top