米国発最新レポート!5分で学べる産業・組織心理学
〜リーダーシップ文化は権威型から協働型へ〜ほか

2012年06月28日

企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥本英宏)は、同社組織行動研究所のホームページにて「米国産業・組織心理学の最新動向〜SIOP2012年度大会参加報告〜」を発表しました。(SIOP米国産業・組織心理学会HP

今年4月、米国サンディエゴにて第27回目となるSIOP(米国産業・組織心理学会)の年次大会が開催されました。産業・組織心理学の各分野の研究者数も多く、常に最新の研究報告が行われることで注目されている学会です。大会では、800を超える発表が行われました。
本年度の大会で小社研究員が参加したセッションの中から、特に興味深かった3つのテーマについてレポートいたします。

--〔レポート本文〕----------------------------------------------------
 米国産業・組織心理学の最新動向 〜SIOP2012年度大会参加報告〜

--〔レポート概要〕----------------------------------------------------

 ●テーマ1:組織変革のためのリーダーシップ開発とは
  日本企業の伝統的リーダーシップは「権威型:権威を持つ人々がリーダーシップに
  責任を持つもの」と言われてきましたが、これからは「協働型:メンバーが主体的に
  行動し、活動を進めていくもの」として、リーダーシップの重要性が高まることが
  示されました。
       
 ●テーマ2:従業員に対するトレーニング成果をいかに実践につなげるか
  従業員に対するトレーニング成果の活用の程度に影響を与える要因として、
  トレーニング終了時に獲得されたスキルや知識、受講者の個人特性として一般知的
  能力、誠実性、自己効力感、モチベーション、そして職場の特徴として職場のサポー
  トを変数に用いたところ、2種類の遂行行動に異なる影響が出ることがわかりまし
  た。
  何を目的とするかによって、トレーニングの中で、あるいは終了後に何に気をつける
  べきかが異なることが示されました。

 ●テーマ3:感情のコントロールは異文化適応を促すか
  自らの感情を理解することは、感情をコントロールする程度を高め、その結果
  素早く異文化を理解し、その中で効果的に行動する能力が高まり、文化適応が促進
  されることが示されました。

--〔関連記事〕--------------------------------------------------------
 米国産業・組織心理学の最新動向〜SIOP2011年度大会参加報告〜

[報道関連・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせはこちらから
「プレスルーム」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30~18:00 月~金(祝祭日除く)

※フリーダイヤルをご利用できない場合は
03-6331-6000へおかけください。

Page Top