【調査発表】新入社員意識調査2022

2022年06月29日


10年の経年比較から見えてきたZ世代の新入社員の特徴について、
働きたい職場は「お互いに助け合う」が過去最高、仕事で重視したいことのトップは「貢献」
「相手の意見や考え方に耳を傾ける」上司を求め、「仕事についていけるか」に不安を持つ

企業における経営・人事課題の解決および、事業・戦略の推進を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:山崎 淳 以下、当社)は、2022年3月〜4月に全国で開催した新入社員導入研修受講者525名(調査1)、2021年12月〜2022年5月に開催した新入社員向けeラーニングサービス受講者1,672名(調査2)に対し、「新入社員意識調査2022」を実施し、その調査結果を公表しました。


1. 調査の背景


毎年、新入社員受け入れの時期になると、育成担当者や管理職の皆さんから「新入社員は自分の世代とは違いすぎて接し方が分からない」「どうしたら活躍してもらえるだろうか」などのご相談を多くいただきます。新入社員と効果的に関わり、新入社員にいきいきと仕事をしてもらうためには、どのようにしたらよいのでしょうか。

当社は、2010年より毎年、新入社員を対象とした意識調査を実施し、その結果を踏まえて「新入社員の特徴」の分析と「新入社員を生かす」という視点で考察を行っています。
※調査2は、2020年より実施開始


2. 調査の結果


【働くうえでの意識 調査結果】

●  働くうえで大切にしたいことについて、「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」がトップ(49.0%)で10年前と比較し11.5ポイントUP、「周囲との良好な関係」が過去最高(45.0%)、「何があってもあきらめずにやりきること」が過去最低(13.9%)(調査1-図表1)


・「周囲(職場・顧客)との良好な関係を築くこと」が過去最高(昨対比5.0ポイントUP、10年前と比較し6.2ポイントUPで45.0%)。

・「元気でいきいきと働き続けられること」が過去最高(昨対比8.5ポイントUPで33.9%)。

・「失敗を恐れずにどんどん挑戦すること」が過去最低。

・「何があってもあきらめずにやりきること」が過去最低(10年前と比較し9.4ポイントDOWNで13.9%)。

・「会社の文化・風土を尊重すること」が過去最低。


調査1-図表1 働くうえで大切にしたいこと


Q:あなたが社会人として働いていくうえで大切にしたいことは何ですか?
(最大3つまでの複数選択/pt=ポイント)

働くうえで大切にしたいこと

※「2022-2021」「5年間の比較」「10年間の比較」のポイント数は四捨五入して表示


●  働きたい職場の特徴について、「お互いに助け合う」が10年前と比較し20.6ポイントUPし過去最高(69.7%)、「ルール・決め事が明確」は過去最低で10%を切る(8.6%) (調査1-図表2)

・  調査開始以来、「お互いに助け合う」がトップ (10年前と比較し選択肢の中で最も大きな伸び率であり、かつ、10年前と比較して20.6ポイントUPし過去最高の69.7%)。

・「活気がある」(29.5%)、「お互いに鍛え合う」(14.3%)は、10年前と比較して11.6ポイントDOWN。


調査1-図表2 働きたい職場の特徴


Q:あなたはどのような特徴を持つ職場で働きたいですか?
(最大3つまでの複数選択/pt=ポイント)

働きたい職場の特徴

※「2022-2021」「5年間の比較」「10年間の比較」のポイント数は四捨五入して表示


● 上司に期待することについて、「相手の意見や考え方に耳を傾けること」がトップ(54.1%)で過去最高(調査1-図表3)

・「職場の人間関係に気を配ること」(32.6%)が過去最高。

・「一人ひとりに対して丁寧に指導すること」(44.2%)が10年前と比較して14.0ポイントUP。

・「よいこと・よい仕事をほめること」(32.6%)が10年前と比較して12.9ポイントUP。

・「仕事がバリバリできること」が過去最低(9.5%)。


調査1-図表3 上司に期待すること


Q:あなたが上司に期待することは何ですか?
(最大3つまでの複数選択/pt=ポイント)

上司に期待すること

※「2022-2021」「5年間の比較」「10年間の比較のポイント数は四捨五入して表示


● これから身につけたい力について、調査開始以来、「コミュニケーション力」が継続してトップ(61.1%)「PCスキル」が過去最高(19.4%)(調査1-図表4)


・ 調査開始以来、「コミュニケーション力」が継続してトップ(61.1%)。

・「PCスキル」が過去最高(5年前から8.7ポイントUPで19.4%)。

・「マナー」が過去最低(10年前から7.4ポイントDOWNで19.0%)。


調査1-図表4 身につけたい力


Q:あなたがこれから身につけたい・伸ばしたいと思っている力は何ですか?
(最大3つまでの複数選択/pt=ポイント)

身につけたい力

※「2022-2021」「5年間の比較」「10年間の比較」のポイント数は四捨五入して表示


● 仕事・職場生活をするうえでの不安について、調査開始以来、「仕事についていけるか」がトップ(63.8%)(調査1-図表5)


調査1-図表5 仕事・職場生活をするうえでの不安


Q:あなたが仕事・職場生活をするうえで不安に思っていることは何ですか?
(最大3つまでの複数選択/pt=ポイント)

仕事・職場生活をするうえでの不安

※「2022-2021」「5年間の比較」「10年間の比較」のポイント数は四捨五入して表示



【キャリア観の特徴 調査結果】


●  管理職になりたい・どちらかと言えばなりたい(55.6%)がなりたくない・どちらかと言えばなりたくない(12.8%)を上回る(調査1-図表6)


調査1-図表6 管理職への意向


Q:あなたは管理職(組織やグループを統括・運営する立場)にどれくらいなりたいですか?
(新入社員として入社する組織の中に限りません)(n=525/単一選択)

管理職への意向




●  管理職になりたい理由は「自分が成長できるから」、「部下育成の醍醐味を味わえるから」の割合が高まっている(調査1-図表7)

・  3年前の調査開始以来、「自分が成長できるから」がトップ(65.4%)。

・「部下育成の醍醐味を味わえるから」が過去3年を比較し上昇傾向(16.8%)。

・「高い目標を達成する喜びを手に入れられるから」が過去3年を比較し下降傾向(24.3%)。


調査1-図表7 管理職への意向


Q:管理職(組織やグループを統括・運営する立場)に 「なりたい」「どちらかと言えばなりたい」と回答した方にお聞きします。なりたい理由を選んでください。
(3つまでの複数選択/pt=ポイント)

管理職への意向

※「昨年との比較」「3年間の比較」のポイント数は四捨五入して表示しています


● 管理職になりたくない理由は「自分は管理職には向いていないように思うから」がトップ
また、「現場の仕事が面白そうだから」の割合が高まっている(調査1-図表8)


・  3年前の調査開始以来、「自分には管理職は向いていないように思うから」がトップ(74.6%)。

・「現場の仕事の方が面白そうだから」が過去3年を比較し上昇傾向(43.3%)。

・「面倒な調整業務などが増えそうだから」が過去3年を比較し下降傾向(9.0%)。


調査1-図表8 管理職への意向


Q:管理職(組織やグループを統括・運営する立場)に 「なりたくない」「どちらかと言えばなりたくない」と回答した方にお聞きします。なりたくない理由を選んでください。
(3つまでの複数選択/pt=ポイント)

管理職への意向

※「昨年との比較」「3年間の比較」のポイント数は四捨五入して表示しています


● 就職先での勤続意向について、「現在の会社で勤め続けることにこだわらない・どちらかと言えばこだわらない(57.5%)」が「定年まで現在の会社で勤めたい・どちらかと言えば勤めたい(32.0%)」を上回る(調査1-図表9)


調査1-図表9 就職先での勤続意向


Q:あなたの考えにより近いのは、A・Bのどちらですか。
[A]定年まで現在の会社で勤めたい [B]現在の会社で勤め続けることにこだわらない
(n=525、単一選択)

就職先での勤続意向




【重視したいこと・スタンス 調査結果】


● 仕事をする上で重視することについて、トップ2は「貢献(31.9%)」と「成長(28.4%)」。「競争」は過去最低の1.4%(調査2-図表1)


調査2-図表1 仕事をするうえで重視すること


Q:あなたが仕事をする上で重視することは何ですか?当てはまるものに最大2つまでチェックを入れてください。(n=1173/2つまで複数選択)

仕事をするうえで重視すること



● 得意なスタンスのトップ2は「相手基準」と「協働」。不安・苦手意識があるけど大事、意識して取り組みたいスタンスのトップ2は「自発」と「試行」(調査2-図表2)

調査2-図表2 得意なスタンス・苦手意識のあるスタンス


得意なスタンス・苦手意識のあるスタンス





3. 調査担当研究員

 

調査担当武石美有紀株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
HRDサービス開発部 トレーニング開発グループ 研究員
武石 美有紀


2016年リクルートキャリア(現リクルート)入社。企業の採用領域の課題解決支援や社内の新人研修の企画・研修講師業務に携わる。現在は、リクルートマネジメントソリューションズにて、主に新人・若手社員向けのトレーニングサービスの企画・開発に従事。


4. 調査担当研究員のコメント


新入社員の近年の特徴として、「仕事をするうえで得意なスタンス」は「相手基準」と「協働」の選択率が高く、「不安・苦手意識があるけど大事、意識して取り組みたいスタンス」は「自発」と「試行」の選択率が高いことがあげられます。また、「上司に期待すること」としては、「相手の意見や考え方に耳を傾けること」「職場の人間関係に気を配ること」が過去最高の選択率となりました。

この背景としては、新入社員が、学校機関でのボランティア活動、地域貢献やSDGsなどをテーマとした総合的学習の時間を通して、社会や他者への貢献、地球環境への意識が醸成されている世代であり、自己成長のみならず、貢献や協働、相手基準などへの関心が高いことがあると考えられます。また、価値観の多様化が謡われる社会において、個性や違いに受容的で耳を傾けるコミュニケーションが当たり前という感覚の中で育ってきたことが、相手の意見や考え方に耳を傾けるコミュニケーションを望む傾向を生み出していると推測できます。

このような特徴を持つ新入社員の可能性を引き出すポイントは、「承認のコミュニケーション」と「はじめの一歩のフォロー」だと考えます。具体的には、前者は、新入社員を理解し、良い特徴や小さな変化を承認していくコミュニケーションを図り、心理的安全性を高めていくことなどがあげられます。後者は、新入社員の意欲を捉え、行動を促すコミュニケーションを取ったり、初めてのトライを傍で伴走したりするなど、はじめの一歩に対するフォローを意識して行うことがあげられます。

自分とは違う考えを持つ人と関わるとなれば、違いから衝突や不快の感情が生じる可能性は少なからずあります。しかし、その負の感情を感じたときにこそ「この人は自分にはないものを持っている」「この人から学ぼう」とチャンスと捉えて向き合うことで、受け入れ側の先輩も、他者を理解する力がついたり、新たなものの見方や考え方を獲得できたりします。

“この出会いから、何を学べるでしょうか?”組織にとっても、個人にとっても、新入社員との新たな出会いが、少しでも価値あるものになりますことを、心から祈っています。



5. 調査概要


新入社員意識調査2022 調査1

 調査時期:2022年3〜4月

 対象者:弊社新入社員導入研修「8つの基本行動」の受講者525名、
 平均年齢:22.3歳、最終学歴:大卒以上81.0%、300名未満企業比率:67.2%

 調査目的:今年の新入社員の意識・特徴を把握する

 調査方法:質問紙調査

 調査機関:リクルートマネジメントソリューションズ

 質問形式:期待や不安などに関する5つの質問について選択肢のうち、
 あてはまるものを最大3つまで選択する管理職・雇用・就職先での勤続意向などに関する
 質問について、リッカート式で選択する


新入社員意識調査2022 調査2

 調査時期:2022年2〜4月

 対象者:弊社eラーニングサービスでビジネスマナーや基本行動・スタンスを学んだ受講者1,672名
 300名未満企業比率:15.8%

 調査目的今年の新入社員の意識・特徴を把握する

 調査方法:インターネット調査

 調査機関:リクルートマネジメントソリューションズ

 質問形式:仕事をするうえで重視するキーワードについて、選択肢のうち、
 あてはまるものを最大2つまで選択する。得意なスタンスについて、あてはまるものを1つ、
 苦手意識のあるスタンスについて、あてはまるものを複数選択する




本件の詳細はこちらよりご覧ください

[報道関連・マスコミの皆様へ]
取材・お問い合わせはこちらから
「プレスルーム」の
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付時間
/ 8:30〜18:00 月~金(祝祭日除く)

SPI・ReCoBookに関するお問い合わせ
0120-314-855

受付時間
/ 10:00〜17:00 月~金(祝祭日除く)