プレスリリース

プレスリリース

厳しい“就活”は、新入社員を積極的にしたのか?
2011年度新入社員調査結果を掲載

公開日
更新日

企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:釘崎広光)は、2011年5月16日、弊社研究機関である組織行動研究所サイトにて2011年度の新入社員調査結果についてのレポートを発表しました。

弊社新入社員研修「8つの基本行動」の受講者に意識調査を行い、新入社員が企業に入社するに当たり、どのような期待や不安を抱えているのかを明らかにしました。その結果を元に2011年度の新入社員の特徴をまとめております。

*「8つの基本行動」とは
弊社、リクルートマネジメントスクール(研修公開コース)が主催する、新入社員研修です。

--〔レポート概要〕----------------------------------------------------

『厳しい“就活”は、新入社員を積極的にした?
~2011年度新入社員意識調査結果報告』

 1 : 調査概要
 2 : 挑戦も大切にしたい?
 3 : 職場に求めるのものは、やはり周囲との良好な人間関係?
 4 : 上司には、ロールモデルになって欲しい?
 5 : コミュニケーションは変わらず苦手、強化したい!
 6 : やはり、「仕事についていけるか」は不安!
 7 : 最後に

--〔調査概要〕----------------------------------------------------

調査時期:2011年3月22日~4月13日
手法:アンケート調査
弊社新入社員研修「8つの基本行動」受講者755名に実施。
(男女比約7:3、最終学歴大卒以上約9割、300名未満の企業の新入社員割合約8割)

--〔レポート本文〕----------------------------------------------------

『厳しい“就活”は、新入社員を積極的にした?
~2011年度新入社員意識調査結果報告』

■記事本文URL
https://www.recruit-ms.co.jp/research/report/110516.html

関連する記事

報道関連・
マスメディアの皆様へ

取材・お問い合わせはこちらから

フォームでお問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-878-300

受付/8:30~18:00/月~金(祝祭日を除く)