採用総合TOP > 新卒採用TOP > 新卒採用・募集要項

募集要項・採用実績


求める人物像

リクルートマネジメントソリューションズは、人・組織の側面からクライアントの事業を前に進めることを支援するプロフェッショナルサービスファームです。提供するソリューションの根底にあるのは「個と組織を生かす」、すなわち個人の持てる可能性を生かし、その力を組織として統合することでさらに大きな成果を生み出すという思想です。
私たちは、この思想をクライアントに対して実現していくと同時に、自らがこれを体現できる会社でありたいと考えています。そのために、社員にはプロフェッショナルとして持続的に成長していくことを求めています。プロフェッショナルとは、自ら専門性を磨き、成長機会を創り出し仕事の領域を拡大する「自律」と、周囲の知見や力を生かし、より大きな成果を創出する「協働」ができる人をさします。
人・組織の可能性を拡大する事業に共感し、「自律」と「協働」を通して成長したいと思う人材を求めています。


職種ごとの仕事内容

■ソリューションプランナー(営業) クライアントの経営人事または、採用に関する課題やニーズを掴み、ソリューションを企画・提案する
お客様をはじめ、コンサルタント・開発担当者・トレーナー等の関係者を巻き込み、舵取りをしながら、商品サービスを提供する

■コンサルタント 人事領域・営業力強化領域または、採用領域に関するコンサルティング(現状分析調査・制度設計・研修企画など)を行う
営業担当と共に、お客様にソリューションを企画・提案する

■研究 経営人事領域に関する中長期的なテーマの調査・研究、および、測定・分析技術に関する調査・研究を行う
研究の結果を、社内の商品開発に生かしたり、社外広報機関誌の発行や各種学会への参加を通じて社外に発表する

■開発 蓄積データ情報や最新のテクノロジーを用いて、アセスメントやトレーニングなどの商品・サービスの開発や品質保持を行う
営業担当と連携し、お客様のニーズに合わせ商品・サービスのカスタマイズを行う

■企画・スタッフ 広報・マーケティング・営業企画・納品支援といった顧客向けの機能や、事業企画・経理・人事・総務・法務といった全社部門機能を担う


配属について

勤務地は、本社(東京)、支社(大阪・名古屋・札幌・大宮・静岡・広島・福岡)のいずれかとなります。
適性や希望などを考慮した上で、職種及び配属先を決定します。
なお、研究職は、人・組織領域に関する高い専門知識や、現場実感が必要な職種であるため、他職種・前職で経験を積んでいただいた方に配属可能性のある職種です。また、トレーナー(研修講師)・キャリアカウンセラー・コーチは、業務委託者が担当するため、社員募集を行っていません


選考の流れ

リクナビよりマイページにアクセスし、会員登録をしてください。採用・選考に関する情報は、マイページ上で最新情報を随時更新します。


募集対象募集学科

2020年4月入社可能な大学および大学院卒業(予定)者
全学部全学科(学部によって有利・不利はありません)


新卒採用実績校(近年)

お茶の水女子大学、一橋大学、横浜国立大学、関西学院大学、関西大学、京都産業大学、京都大学、慶應義塾大学、香川大学、滋賀大学、首都大学東京、昭和女子大学、上智大学、神戸大学、青山学院大学、早稲田大学、早稲田大学大学院、大阪教育大学、大阪大学大学院、筑波大学、中央大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京工業大学大学院、東京女子大学、東京理科大学、東京大学、東京大学大学院、東北大学、同志社大学、日本大学、福岡大学、兵庫県立大学、法政大学、北海道大学大学院、明治大学、立教大学、立命館大学、華東師範大学など


待遇・福利厚生


等級制度

「プロフェッショナルとしての専門性を高め続ける」ことを制度の骨格に置き、職群とグレード(等級)を設計しています。年齢や入社年次に関わらず、実力と期待成果の大きさをグレード決定の基準とします。


評価制度

評価制度は、業績評価(MBO)と専門性評価の2つから構成されます。
業績評価では、業績を生むためのプロセスや新たな価値創造・組織貢献に結びつく取り組みも評価対象とします。
専門性評価では、プロフェッショナルとしての専門性レベルを評価し、実力向上を促します。
業績評価の結果は業績表彰に反映され、専門性評価はグレード決定時の参考資料として用いられます。


給与

月例給与は、当該期のグレードに応じて支給します。
各種手当の算定基礎給としては、基準内給与を用います。

■営業職/コンサルタント職 グレード給29万円(基準内給与22万円)~
あらかじめ35時間相当分の超過勤務手当てを含んだ金額として支給します。35時間を超える超過勤務を行った場合、超過勤務手当を別途支給します。

■開発職/研究職/企画・スタッフ職 グレード給22万円(基準内給与22万円)~
超過勤務手当を含まずグレード給の金額を支給。1ヶ月の所定労働時間を超える超過勤務を行った場合、超過勤務手当を別途支給します。
※35時間残業した場合、営業職/コンサルタント職とほぼ同額の月給になります。


各種手当

通勤手当、深夜勤務手当、休日出勤手当、超過勤務手当など


昇給

年2回(4月、10月)グレードの見直しによる昇級機会あり
定期昇給はありません。


賞与

年2回(6月、12月)支給
会社業績および個人業績により変動します。


保険

雇用保険、労働災害補償保険、健康保険、厚生年金


勤務地

■本社
東京
■支社
大阪・名古屋・札幌・大宮・静岡・広島・福岡
全国の支社への転勤可能性があります。転勤は組織事情、本人希望を勘案して決定します。


勤務時間

プロフェッショナルグレードと職種によって、就業時間制度が異なります。
・一定以下のグレードの全職種
時間管理(フレックス)フレックスタイム制(コアタイムなし、所定労働時間7時間/日)
・一定以上のグレード
①開発職・研究職・システム職 :専門業務型裁量労働制 (9.5時間/日)
②企画スタッフ職 :企画業務型裁量労働制(9.5時間/日)
③営業・コンサルタント職:フレックスタイム制((コアタイムなし、所定労働時間7時間/日)
出社・退社時間は組織の状況を踏まえ、各自が自主的に管理しています。


休日

完全週休2日制
年間休日130日(会社休日125日+指定休5日)※うるう年は会社休日126日
なお、休日は次の通りです。
1 日曜日
2 会社の定める土曜日
3 会社の定める年末年始および夏期休日
4 国民の休日
5 その他会社の定める日
※休日に業務上の都合で出社する場合は、休日勤務手当を支給します
■年次有給休暇
入社時に15日(うち5日は指定休として消化)を付与し、以降毎年入社日応じて、別に定める「社員就業規則」により勤続年数に応じた日数を付与します。
■特別休暇
慶弔、転勤、生理、出産 、看護、介護、公傷、勤続10年目、ボランティア休暇など


その他勤務制度

短時間勤務制度、テレワーク制度あり


退職金制度

退職時に支給される退職一時金と、60歳以降に受け取り可能な確定拠出年金から構成されます。


福利厚生

■カフェテリアプラン さまざまな福利厚生メニューのなかから、自分に必要なものを選んで利用する制度です。毎年50万円相当のポイントが支給され、選んだメニューとその内容によってポイントが消費されます。
メニューは、通信教育・社外スクール受講費・書籍購入費・キャリアカウンセリング受講料・住宅補助・子女教育費補助・医療費補助・スポーツクラブ補助など多数あります。

■その他 任意保険、社内短期貸付制度、育児休職制度、介護休職制度、慶弔一時金、リクルートグループ社員持株会、弔慰金・障害見舞金


制度・環境


人事異動

年2回(4月、10月) 実施


人材開発・キャリアデザイン支援制度の考え方

「市場で通用するプロフェッショナルとしての、中長期的なキャリアの形成の支援をすること」「一人ひとりの主体的なキャリアデザインを支援すること」を制度の基本思想としています。
日常業務を通して、職種別に求められる専門性を高め、実力を積み上げ、磨き続けることを基本に、Off-JTでのさまざまな学習機会を提供し、自己学習を支援します。また、自立的にキャリアを考えるための機会を提供します。


Off-JT施策

■階層別研修 年次や役割の変化にあわせ、新人・中堅・リーダークラス・管理職向けなど多数あります。主に自社がお客様に提供しているトレーニングサービスを活用します。
■テーマ別研修 営業強化、生産性向上、ロジカルシンキング、ファシリテーションスキル、人事労務知識理解など多数あります。


OJT施策

入社後半年~1年は、先輩社員が1対1で個別支援を行うOJTリーダー制度を取り入れています。
組織横断での新人定例会や、人事による定期面談などを通じて、新人のバックアップを行っています。


キャリアデザイン支援施策

キャリア自己申告、キャリア面談、カウンセリング、自身の「テーマ」設定研修など


自己啓発支援施策

プロ支援ポイント制度、教育研修費など
(自己学習や組織学習による成長を金銭面から支援する制度です)


その他ナレッジ還流・イノベーション創出施策

・業務の成果やプロセスの発表会(ナレッジグランプリ、実効性-1グランプリ、FORUM、ARINAなど多数あり)

・社員の知見還元の機会となる社内講座(RMS Academy)

・現場でのソリューション構築・提案に有効な資料や情報を共有する、独自の情報インフラ(Information Management)

・新規事業提案制度(VIP to 2030、Ring <Recruit are innovating>)

・業務改善コンテスト(VAC)


オフィス

2016年5月、多様な働き方と新価値創造の実現をコンセプトにデザインした新オフィスへ移転しました。「ビジョン実現のためのco-creative(協創)が最大限に促進される場」を実現すべく、フリーアドレス制の導入などABW(Activity Based Workplace)の考え方にもとづいた自律と協働を促すオフィス空間づくりを目指しています。


PageTop

ENTRY