『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』発刊情報

完訳 7つの習慣 ―人格主義の回復― スティーブン・R・コヴィー著

全世界3,000万部、国内180万部を超え、今も読み続けられるビジネス書のベストセラー『7つの習慣 成功には原則があった!』。2013年8月、コヴィー博士本来の意図である「人格主義」により忠実に訳し直し、よりわかりやすく、理解しやすい『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』として発刊されました。
ビジネス環境や社会が複雑になり、先行き不透明な時代の今こそ、ビジネスや人生の進むべき方向を示すコンパスの有無が問われています。人格と原則に基づいた『7つの習慣』は、ビジネス書の枠を超えて人生のコンパスとなり、最も大切なことの継続的な実現を支援します。

『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』 発行:キングベアー出版 (フランクリン・コヴィー・ジャパン)

原書により忠実に、わかりやすく訳し直されました

現代の日本において、コヴィー博士が本当に伝えたいこと、意図がわかりやすく伝わるよう、全面的に訳し直された『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』。習慣名も、第4・7の習慣を除いて変更されています。

『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』

『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』発刊にあたって

『7つの習慣』日本語版(『7つの習慣−成功には原則があった』)が発売される3年前、記念すべき日本初の「7つの習慣」セミナー開催の時から「7つの習慣」に携わり、そのすばらしさを企業に紹介してきました。
書籍リニューアルのお知らせを聞いた時、実は少し寂しさも感じていたのですが、とても読みやすくわかりやすくなっている新版の原稿を読んでからは、早くみなさんにお届けしたいと、私もとても楽しみにしていました。
書籍の巻末でフランクリン・コヴィー・ジャパン竹村さんより“人生を捧げるほど「7つの習慣」に愛情を注いでいる”と紹介いただいた私。これからはこの『完訳 7つの習慣』とともに、これまで以上にみなさんのお役に立てるよう、頑張っていきたいと思っています。

森 良枝

(株)リクルートマネジメントソリューションズ
「7つの習慣」
ソリューションアーキテクト
森 良枝

『完訳 7つの習慣 』を推薦します

各界から、『7つの習慣』を絶賛・推薦する声が届いています。一部をご紹介いたします。

リーダーシップを発揮できる人の基軸は、ぶれないこと。モチベーションを鼓舞できる人の基軸は、主体的に自らを鼓舞できること。自分なりの言葉で励みとなる持論をもつのが大事だが、まず「7つの習慣」を実践し、羅針盤が自分の中に存在する生活、原理原則に導かれた生活を味わおう。行動を導く「心の習慣」を若い時から身につけ始め、名リーダーになる頃には、それを基に自分の言葉で語る生き方、働き方の持論をもつ人間になってほしい。

神戸大学社会科学系教育研究府長・経営学研究科教授(兼務) 金井 壽宏

もし、『7つの習慣』を世界中の大人の必読書とし、すべての子供たちの教科書にしたなら、輝かしい未来を手に入れることができるだろう。人生のゴールとは自分で創るもの。そして、その幸せを追い求めるプロセスこそが充実した人生と言えるのだ。本書は、自分らしい幸せを獲得するためのアクションを引き出してくれる実用的な現代のリベラルアーツと言えるだろう。

明治大学大学院グローバルビジネス研究科教授 野田 稔

不確実性に満ちた時代を生き抜くためには「原則」が必要である。そして、それは人生を、社会を、そして未来を豊かにする。とりわけ「依存」から「自立」、そして「相互依存」へと進化する過程で人間は大きく成長を遂げる、とコヴィー博士は言う。この成長メカニズムについて深く知ることは、あるべき人間社会の理想郷を見通すうえでも、きわめて重要である。

スポーツジャーナリスト 二宮 清純

『7つの習慣』と出逢い、私の人生は大きく変わりました。未だに出逢った頃の衝撃は冷めず、むしろ、毎日が新しい気づきの連続です。それほどまでに一人の人生を変え続けるほどの本が、今回、新たな訳となり、多くの方の手に届くことを心から嬉しく思います。これからも『7つの習慣』は私の人生を大きく変え、また、多くの方の人生を変えてくれることでしょう。

『7つの習慣 小学校実践記』著者 公立小学校 教頭 渡邉 尚久

「7つの習慣®」関連情報のご紹介

「7つの習慣®」企業導入事例や、コヴィー博士最後の来日時の特別インタビューなどの関連情報です。

  • スティーブン・R・コヴィー博士
  • 『完訳 7つの習慣』書籍の購入
Page Top