7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

7つの習慣 コラム

第2回 _「成長の連続体」とは?〜3つの特徴〜


■ 成長の連続体とは

人間が生まれてから、自立・成長する過程の原理原則をわかりやすくまとめたものです。

成長の連続体
「7つの習慣」の特徴を、「成長の連続体」右図をもとに紹介します。

◆特徴1:体系化されている
人間の成長過程を「依存」⇒「自立」⇒「相互依存」と三段階に分けています。
産まれたばかりの赤ちゃんは一人で何もできず、周囲に「依存」しないと生きていけません。
やがて自分の意思を持ち始め行動し「自立」していきます。
自立がゴールではありません。
他者と協力しながら素晴らしい結果を生み出す状態が「相互依存」です。

◆特徴2:各習慣は相互関連している
各習慣は独立していません。段階的に相互関連しています。
第1の習慣から第6の習慣は、成長する上で必要な習慣を示し、第7の習慣は第1の習慣から第6の習慣を維持するための活動を示しています。
世の中には同じような、自立を促す「セルフリーダーシップ研修」があります。第一の習慣「主体的である」に繋がる内容なります。生産性向上を促進する「時間管理研修」は第3の習慣、対人関係構築の「コミュニケーション研修」は第5の習慣に似ています。7つの習慣は、個人と人間関係構築に必要なマインドやスキルがバランスよく体系化されています。

◆特徴3:誰でも知っている
「7つの習慣」のそれぞれの習慣名は当たり前なことばかりです。言葉は知っているし理解も出来る。しかし、自身を振り返ってみると実践できているでしょうか?
私たちは、時々「7つの"悪"習慣」(下図)をしてしまいがちです。悪習慣を続けていると自分の成長は期待できず、人間関係も悪化するばかりです。
是非、正しい「7つの習慣」を心に留めてください。

                                                                                                                 











●次ページへ:第3回コラム 「人格と能力」とは? 〜根も葉もある人材」になる〜      
●前ページへ:第1回コラム 「7つの習慣(R)」とは? 〜概略の紹介・組織風土の醸成〜
●7つの習慣コラムTOPへ戻る

 
*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。