7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

第44回 コラム

「7つの習慣」を医療現場で活用する

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
サービス開発部 コヴィーグループ
森 良枝
■『「7つの習慣」で糖尿病に克つ』(キングベアー出版)

先日、東京都内のホテルにて某製薬メーカー主催で『「7つの習慣」で糖尿病に克つ』と題したセミナーが開催されました。セミナーの主旨は、生活習慣病のひとつである糖尿病の治療に「7つの習慣」の考え方が活用できるとドクターに知っていただくこと。当日は糖尿病専門のドクター約30名が参加されました。

セミナーは、実際に糖尿病治療に「7つの習慣」の考え方を取り入れているドクターと、フランクリン・コヴィー・ジャパン副社長 竹村氏との対談方式で進行しました。

セミナー冒頭に「書籍『7つの習慣』をご存知の方は挙手をお願いします」と参加者に投げかけたところ、手を挙げたのはわずか数名。本セミナーの企画をお手伝いした筆者としては、「まだまだドクターには認知度が低いのね・・・」と思い知らされ、少しがっかりしました。

一方で、糖尿病治療に「7つの習慣」の考え方を活用しているドクターのお話は大変興味深いものでした。熱心にメモを取る参加者の皆様を拝見するにつれ、いずれのドクターも大変勉強熱心であり、患者さんの治療にあたって様々な情報を求めているのだと感じました。

■「7つの習慣」と糖尿病治療の関わりとは?

対談の内容を一部ご紹介します。

竹村氏:
先生は「7つの習慣」の考え方を糖尿病治療に取り入れてくださっていますが、「7つの習慣」との出会いはいつ頃でしたか?


ドクター:
私が偶然にも「7つの習慣」の本を手に取ったのは1997年のことですが、当たり前の内容が体系化されていることにびっくりしました。そして、これまでの私の考え方や行動は間違っていなかったのだと確信を得られ、自分の自信にも繋がりました。そういった経験もあり、自分の専門領域である糖尿病の治療にも「7つの習慣」の考え方が活用できるのではないかと思い始めたのです。


竹村氏:
糖尿病は、食事のコントロールや運動など、患者さん自身の主体性が求められますね。


ドクター:
そうなんです。糖尿病の患者さんには、生活習慣に問題を抱えている方が多いのですが、自ら問題に気づき、取り組み、克服していくのに「7つの習慣」の考え方が威力を発揮できるものと期待しています。

医師はサポーターにすぎません。いくら治療や生活指導をしても、患者さんが実行してくれなければそれまでです。だから、医師の役割は患者さんが日常生活の中で自己管理できるようにモチベーションを引き出し、主体性を発揮してもらうことなのです。そういう意味では第一の習慣から第三の習慣までがポイントですね。

患者さんのモチベーションを高めるために、体重などデータの「見える化」はとても重要です。ドクターと患者さんの間で共有できるものがあると、治療の評価ができますし、次へのステップも見えてきます。患者さん自身が、自分の状態をしっかり測定し、効果を見える化することは、自己管理にもつながります。


竹村氏:
治療を行う中でのエピソードをお聞かせください。


ドクター:
その患者さんは症状がとても重かったのですが、「糖尿病になったおかげで『7つの習慣』の考え方を知り、病気だけでなく、壊れていた家族まで直すことができました」という話をしてくれました。嬉しいエピソードですよね。

■参加者の皆様の声より

セミナー終了後、参加者であるドクターの皆様よりあがった声をご紹介します。

「私はチーム医療に『7つの習慣』の考え方を取り入れています。看護師も栄養士も薬剤師も皆で一丸となって患者さんの病気を治すためには、チームビルディングが求められます。皆が患者さんとのWin-Winを考え、相乗効果を生み出すことが大切です。そのセオリーが『7つの習慣』には盛り込まれていると思います。でも、患者さんとのWin-Winを考えるということは、何も糖尿病治療に限ったことではありませんね」

「いくら指導しても生活習慣を見直そうとしない患者さんがいるんですよね。今回のお話で、その患者さんのモチベーションを引き出すためのヒントを頂くことができました」

「7つの習慣」が、医療現場に活用されている事実を知り、また、今回のセミナーを通じて「7つの習慣」をご存じないドクターにもその考えを知って頂くことができ、筆者にとっても貴重な機会となりました。

「7つの習慣」の考え方は、ドクター、患者さんのそれぞれのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を手に入れるための水先案内人になりうるのかもしれません。

 

よろしければ、下記のアンケートフォームへご意見、ご感想をお寄せください。

今回の記事について、アンケートにご協力お願いします。

     

よろしければご感想やご意見をお書きください

*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。

Page Top