7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

第33回 コラム

「7つの習慣」〜シニア社員の活性化 その1〜

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
事業企画部 コヴィーグループ
森 良枝
■重要な人材マネジメントテーマであるシニア人材の活用

「高年齢者雇用機会安定法」の改正により、2013年までには社員を65歳まで雇用延長することが義務付けられています。そのため各企業では、制度を整えるのはもちろんのこと、 「シニア社員」に影響力を発揮し前向きに働いてもらうための施策を進めているところも多くみられます。

今回のコラムでは、シニア社員のモチベーションアップをテーマにしたセミナーにて、ご参加者の皆様に頂いたコメントを抜粋してご案内いたします。

シニア社員とひと括りにいっても、想定している対象層やテーマは各社によって様々です。
対象は誰なのか、対象者の置かれている状況はどうなのか、施策を検討する際にまず整理と考慮が必要です。

マスターピース」は、こうした背景の中、「7つの習慣」の要素を基にフランクリン・コヴィー・ジャパン(株)よりリリースされた研修プログラムです。

シニア社員が、直面している変化を主体的に受け入れ、これからの「自分の働く目的」「貢献できること」を明確にし、モチベーションを高めることを目的としています。

「マスターピース」研修は、以下のテーマにお応えします。

●処遇や雇用条件の変化によりモチベーションの下がりがちなシニア社員にもうひと頑張りしてほしい。

●再雇用や役職定年などのステージ転換の場面に有効な施策を探している。
 
●ミドル〜シニア層(例えば40代・50代)のベテラン社員に今後のキャリアプランを考えさせたい。

●不活性気味のシニア社員のモチベーションを上げたい。


今回は、セミナーご参加者のコメントを中心にご紹介しましたが、シニア層の活性化は各社様にとってとても重要な人材マネジメント課題となっています。

シニア社員に影響力を発揮し前向きに働いてもらうことは組織にとって不可欠であり、そのためにはシニア層の意識改革は重要な取組みとなります。

次回は実際に「マスターピース」を導入頂いた企業様の様子を取り上げたいと思います。




 

よろしければ、下記のアンケートフォームへご意見、ご感想をお寄せください。

今回の記事について、アンケートにご協力お願いします。

     

よろしければご感想やご意見をお書きください

*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。

COVEY メールマガジン登録

導入事例やコラム、セミナー案内など「7つの習慣®」情報が満載! メルマガ登録・サンプル確認はこちらから

今すぐ登録する

Page Top