7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

第31回 コラム

「7つの習慣」〜企業導入の軌跡 その3

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
事業企画部 コヴィーグループ
森 良枝
■社内ファシリテーターによる「7つの習慣」の展開

前回は、メディカルビッグバンに直面した製薬業界の導入事例をお届けしました。
製薬業界では、社内に7つの習慣研修のファシリテーター(※)を養成して展開している企業も数多くあります。

今回はその社内ファシリテーターによる展開について焦点をあてます。

 (※)7つの習慣研修は参加者が主役です。そこで講師は受講者の
    理解を手助けするファシリテーター役を務めます。


日本国内で7つの習慣社内ファシリテーターの資格保持者は、すでに500名近くいらっしゃいます。
なぜ講師派遣ではなく社内ファシリテーターなのか? 実施のメリット(一部)をご紹介します。

●メリットその1 【社内の問題・課題にフォーカスして実施することが可能】

社内の問題や課題を一番把握しているのは、社内の人です。
社内ファシリテーターは、その問題や課題をテーマに扱い、なぜその現象が起きているのか、その根源となっているパラダイムは何なのか、解決に導くためにはどんなパラダイム転換を図れば良いのかなどと、より現実にフォーカスした進行も可能となります。社内ファシリテーターを中心に、参加者たちからは様々な意見が飛び出し、より自分ごととして捉えることが可能になり、腹落ちしやすいようです。
7つの習慣には、社内で起きている問題を解決に導くための様々なコンテンツが盛り込まれているのです。

 つまり、7つの習慣研修は社内の問題解決に向けた大切な「第二領域の社内会議」なのです。


●メリットその2 【時期も日程も柔軟に実施可能】

多忙な従業員を研修に呼ぶのに苦労されている企業も多いようです。
そこで、3日間(または2日間)連続ではなく、隔週でセッションを分割して実施することができるのも、社内ファシリテーターがいるからこそ実現できるのです。本来は連続して一気に受講するのが効果的ですが、それができないのが研修ご担当者の悩みのひとつかもしれません。そこで分割実施でも研修効果を落とさないように「今日学んだことを次回まで〜」という宿題を提示し、2回目の研修ではその実践体験を共有しながら実施している企業もあります。

 つまり、部門や受講者自身の状況に合わせることで、研修参加の心理的・物理的負担を軽減できるのです。


●メリットその3 【受講対象者によってカスタマイズ実施】

7つの習慣研修で学習する内容は盛りだくさんです。そんな中、若手社員には“とにかく自立を促したい”、という場合は、第一の習慣「主体性を発揮する」から第三の習慣「重要事項を優先する」までを重点的に実施する
ことも可能です。また、リーダー層には自立セッションは軽くして、人間関係に焦点をあてた第四の習慣「Win−Winを考える」から第六の習慣「相乗効果を発揮する」にフォーカスすることも可能なのです。

 つまり、各階層ごとの目的・ねらいに対して柔軟に各習慣を使い分けることが可能なのです。


●メリット4 【フォローコースも実施可能】

研修の前提は、実施する目的や狙いがありますが、研修というイベント自体は、それを実現させるための手段でしかありません。大切なのはいかに研修効果を持続させ、効果を上げるかです。そのためにはフォロー施策がとても重要です。ある企業では3時間のミニフォローコースを複数回用意し、既受講者がスケジュール調整して気軽に参加できるようにしています。さらに現場部門から要請があれば、その部門会議のワンセッションを利用して、デリバリーミニフォローコースも請け負っています。また、影響の輪の振返りコースなどといった、コンテンツベースのフォローコースも用意しているようです。

 つまり、7つの習慣を“瞬間”で終わらせないために一番大切なのがフォローですね。


●メリット5 【コスト削減】

「7つの習慣研修は良い研修だから、全社員に受けさせたいけど、高いんだよね・・・」というお言葉をたまに(いえ、割と)いただくのですが、社内ファシリテーターによる展開は、コスト削減に繋がります。

組織の根っこは、従業員一人ひとりです。その従業員の根っこをしっかり張らせるための肥料は7つの習慣かもしれません。状況にあわせて、肥料を与え続けられるのが社内ファシリテーターかもしれません。
そして、何よりも社内に貴重な財産ができるのではないでしょうか?

次回は、社内ファシリテーターによる各社の具体的な導入事例をご紹介します。

 

よろしければ、下記のアンケートフォームへご意見、ご感想をお寄せください。

今回の記事について、アンケートにご協力お願いします。

     

よろしければご感想やご意見をお書きください

*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。

COVEY メールマガジン登録

導入事例やコラム、セミナー案内など「7つの習慣®」情報が満載! メルマガ登録・サンプル確認はこちらから

今すぐ登録する

Page Top