7つの習慣

Covey Network News 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ コヴィーグループ発行

第24回 コラム

第七の習慣「刃を研ぐ」 知的側面

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
事業企画部 コヴィーグループ
森 良枝
■組織で働いている皆さん、仮に今現在の自分の履歴書を人事部に提出したら、採用通知を手にできそうですか?

            “あっ、ちょっとこの考え方使えるな”、と思ったら・・・
      ぜひお仕事やプライベートなどで活用してみてはいかがでしょうか?


雇用環境が悪化している昨今ですが、毎朝手にする新聞の紙面には、企業の人員削減や雇用調整などの記事が載らない日はないくらいです。

■第二領域の活動

自分自身の知的側面を研くことは、大切な第二領域の活動です。
日々私たちは目の前の仕事に追われる中、こなすことが精一杯となり、本来やっておくべきことを後回しにしていないでしょうか?つまり第一領域にどっぷりつかりきって、やった気になっていないでしょうか?
仮に5年間同じ仕事を繰り返しあくせく回しているのと、工夫をしながら余裕を持って仕事を行うのとでは、結果に大きな差が出てきそうですね。工夫する過程では様々なスキルや知識が身に付くことでしょう。
「どうしたらいいのだろう」「どうすればもっとよくなるのだろう」と、創意工夫したり計画を立てる時間は第二領域の活動になります。

■主体性を持つことと、目的を持つこと

知的側面を研ぐ活動は第二領域の活動です。そのためには主体的に時間を確保することが大切です。しかし、そもそも何のために知的側面を研ぐ時間を作るのか、目的を明確にする必要があります。現在担当している仕事の質を高めたい、新しい知識を習得したい、周囲により良い影響を与えたいなど、自分のなりたい姿を明確にすることも大切です。自分の中に確固たる目的や目標があれば、おのずと第二領域の時間を意識するようになり、色々な知識・スキルが身に付くことで自分自身の喜びにもなることでしょう。

■筆者の知的側面の活動

「7つの習慣」に出会った当時(1992年)は、第七の習慣「刃を研ぐ」があまりピンときませんでした。健康そのものでしたし、仕事もまあまあ順調でした。特に知識を身に付けなければいけないとも思っていませんでした。しかしある時、個人の真の自立を教えてくれている『7つの習慣』で、一番大切なのが第七の習慣「刃を研ぐ」なのだと気づきました。この習慣は、第一の習慣〜第六の習慣の各習慣を高める要素が満載だったのです。そこで、いきなり刃を研ぐことに目覚め、通信教育の大学に再入学し、産業カウンセラーやキャリアカウンセラーの養成講座に通い始めました。仕事も学びも、主婦業もどれもこなさなければならなかったのですが、苦にはなりませんでした。逆に新しい知識が入ってくるワクワク感、限られた時間を主体的にスケジューリングして活動する充実感、そしてやっている、やれている自分に自信を持てるようになったのです。
しかし、ここ最近は学びの充実感はあまり得られていないというのが本音です。もう一度、心新たに知的側面を研ぐ取り組みを始めたいと思う今日この頃です。それには、第二領域の時間をとって、今一度自分自身のキャリアをどうしたいのか目的を明確にし、さらに自分のミッションステートメントも見直してみたいと思います。

■雇用してもらえる人財になる
今回のコラムの冒頭に書いた履歴書の話に戻りますが、毎年自分がその組織において、なくてはならない人財になっていたいものです。学ぶことは一生続くことです。知的側面だけでなく、自分自身の内面の部分も研き高めることも忘れないようにしたいものです。

     皆さん、ちょっとここでご自身について考えてみてはいかがですか?
            「心のポーズボタン 知的側面編」
            質問;皆さんは、学んでいますか?

     学ぶ材料は周りにたくさんあります。いくつチェックが入りますか?

  □毎朝新聞を読む □読書をする □英会話のテープを聞く □日記をつける

  □解らない言葉はメモを取り、後で調べる □講演会やセミナーに参加する

  □文章を書く □専門外のジャンルの本を読む □人前で話す □新しい趣味を始める

 

よろしければ、下記のアンケートフォームへご意見、ご感想をお寄せください。

今回の記事について、アンケートにご協力お願いします。

     

よろしければご感想やご意見をお書きください

*本プログラムは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズがフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より販売を委託されているプログラムです。
*本プログラムは、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の講師が担当します。
*7つの習慣® 他商品名は、米国フランクリン・コヴィーまたはフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。

COVEY メールマガジン登録

導入事例やコラム、セミナー案内など「7つの習慣®」情報が満載! メルマガ登録・サンプル確認はこちらから

今すぐ登録する

Page Top